2011年01月16日

ガンバ大阪移籍動向(2010−2011)〜DF編【2011/1/16付】

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆


ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


 2011年に入って、本格的に動き出したガンバ大阪のストーブリーグの情報のうち、DFに関するものをまとめました。2011年1月16日現在の情報では、5シーズンに渡ってガンバの左サイドを担った安田理大がオランダへ移籍し、代わって大卒新人選手2名の獲得が決定しています。他のクラブのレギュラーを獲得できていませんが、21世紀初め頃のガンバ大阪の原点に戻って、若手を使いながら育てるという方針に転換したのであれば、それはそれでいいのかなと思います。(単純に強化部の動きがまずいだけかも知れませんが・・・)





入団情報
●金正也(駒澤大学→G大阪)
【Check Point】
 2011年シーズン最初の獲得内定選手は、駒澤大学の金正也。駒澤大学の総理大臣杯優勝に貢献したCBで、元ガンバ大阪FW永島昭浩と同じ神戸科学技術高校(旧御影工業高校)出身の選手です。大学ではボランチをしていましたが、プロではCBで勝負したいという意向を持っているようです。昨年も凡ミスが相次いだガンバ大阪のCBを見れば、レギュラー争いに割って入りやすいのは確か。ただ、ACLに出場すると外国人とカウントされるようなので、試合に出場するためには不動のレギュラーになる必要はあるでしょう。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.9.10『駒澤大学 DF 金 正也(キム・ジョンヤ) 選手 2011年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
デイリースポーツ 2010.9.10『G大阪が駒大の大型DF金正也と仮契約』
スポニチ 2010.7.20『G大阪 駒大Vの立役者DF金正也獲得へ』



●藤春廣輝(大阪体育大学→G大阪)
【Check Point】
 昨年9月の天皇杯でも対戦した大阪体育大学の藤春選手が、2011年シーズンよりガンバ大阪へ加入します。「2部で最初はプロ入りは難しいかとも思った。でも、今はレベルの高いチームで勝負したい」という意気込みは、ハングリーな選手が好きな西野監督とはあう可能性は高く、今年は安田がオランダのフィテッセへ移籍したことで、現状左SBは下平だけという状態なので、取り組み次第では早々にチャンスが与えられる可能性があります。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.9.30『大阪体育大学 DF 藤春 廣輝(ふじはる ひろき) 選手 2011年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
スポーツ 2010.9.30『大体大DFがG大阪に新加入』



●山村和也(流通経済大学→G大阪?)
【Check Point】
 Jリーグの各クラブによる争奪戦となっている流通経済大学の山村和也。2010年にブレイクした武井の後輩で、まだ大学3年生ではありますが、進路の決定は3月という噂があります。スピードのあるCBでボランチもこなせるという点では、ガンバ大阪としては是が非でも欲しい選手ですが、これだけ多くのクラブが名乗りを挙げていると、やはり関東圏のチームに落ち着くのかなという感があります。
【関連記事】
日刊スポーツ 2011.1.14『東京昇格見据え大学3年山村オファー』
スポーツ報知 2010.10.27『U―21代表・山村争奪戦で破格“A契約オファー”…浦和』
スポーツ報知 2010.10.26『U―21代表・流通経大MF山村獲りに参戦…G大阪』



●槙野智章(広島→1FCケルン)
【Check Point】
 10月にスポーツ報知が「G大阪が槙野獲得!」と報道。その後、ガンバ大阪の名前は全く出ず、名古屋、横浜Fマリノス、柏などが獲得に興味を示すも、最終的にはケルンへの移籍が決定。本来ならば、「また報知の飛ばし記事か?」で終わるところですが、「11月に監督と編成会議を開いて、正式に獲得に乗り出すか決めます」という一文が気になるところ。仮に本気で狙っていたとしても、そんな時期から動き出しても、名古屋などに先を越されて獲得失敗が目に見えている話です。西野監督との長期政権でありながら、編成は11月から動き出すというお粗末さに唖然。ガンバ大阪の強化部は大丈夫かと思わせる1件でした。
【関連記事】
日刊スポーツ 2010.12.31『槙野ケルン完全移籍 1月2日に独出発』
スポニチ 2010.12.31『ケルン移籍合意…槙野、合宿で満面の笑み』
スポーツ報知 2010.12.31『槙野1FCケルン完全移籍決定!新年2日に渡独…広島』
デイリースポーツ 2010.12.31『槙野 ドイツ1部ケルンへの移籍が決定』
日刊スポーツ 2010.12.30『【広島】DF槙野がケルンへ移籍決定』
スポニチ 2010.12.30『日本代表DF槙野 独1部ケルンへ完全移籍』
スポーツ報知 2010.12.8『槙野、進路決定へ1週間ブンデスリーガ視察…広島』
日刊スポーツ 2010.12.5『広島槙野「ゆっくり考える」』
スポニチ 2010.11.21『V2補強へ動く名古屋 藤本、槙野、永井獲りへ』
サンケイスポーツ 2010.11.21『名古屋に油断なし!槙野、藤本と合意間近』
日刊スポーツ 2010.11.12『横浜が槙野獲得失敗 DF層の薄さ露呈も』
スポニチ 2010.11.12『槙野、横浜&柏の獲得オファー断っていた』
スポーツ報知 2010.11.12『横浜Mに断り槙野、名古屋、欧州、残留の3択…広島』
日刊スポーツ 2010.11.11『広島槙野去就越年覚悟 欧州移籍も念頭』
スポーツ報知 2010.11.11『海外挑戦を優先!槙野、去就は越年覚悟…広島』
中国 2010.11.11『槙野に熱視線、3クラブからオファー 広島は残留要請』
日刊スポーツ 2010.11.9『名古屋が槙野と交渉「返答無期限」で誠意』
スポーツ報知 2010.11.9『大トリ移籍交渉!槙野に年俸4200万円3年契約…名古屋』
日刊スポーツ 2010.10.23『闘莉王が槙野に名古屋移籍ラブコール』
日刊スポーツ 2010.10.22『名古屋が清水藤本と広島槙野ダブル獲りへ』
日刊スポーツ 2010.10.21『広島槙野がブンデス移籍熱望 今冬にも』
日刊スポーツ 2010.10.19『横浜、正式に広島DF槙野獲りをオファー』
スポニチ 2010.10.19『浦和も槙野獲り参戦へ G大阪&新潟助っ人も候補』
サンケイスポーツ 2010.10.19『横浜M、槙野獲り参戦 得点力に期待!』
スポニチ 2010.10.18『横浜 広島の槙野獲得へ!すでにオファー』
スポーツ報知 2010.10.15『広島・槙野獲りに安田がアシスト…G大阪』
スポーツ報知 2010.10.14『来季リーグ戦&ACL2冠へ広島・槙野獲得へ…G大阪』



●今野泰幸(FC東京→残留濃厚)
【Check Point】
 ここ数年、何度も挙がっていた「G大阪、今野獲得へ」の報道。2008年には橋本英郎のサイドバックコンバートという条件まで提示したと噂されたニュースですが、今年は中日スポーツのみの報道。その後は特に進展もなく、中日スポーツのガセネタの可能性が濃厚。
【関連記事】
スポニチ 2010.12.14『今野もFC東京残留!J2史上最強メンバーだ』
サンケイスポーツ 2010.12.14『FC東京、降格も大補強!今野は残留』
中日スポーツ 2010.12.12『G大阪が今野獲りへ』
スポニチ 2010.12.11『FC東京・米本が残留決定、注目の今野も残留へ』
サンケイスポーツ 2010.12.11『平山、今野らFC東京主力が契約交渉』



●キム・ヨングン(FC東京→大宮)
【Check Point】
昨年12月に、G大阪と大宮による獲得競争の報道が流れた韓国代表DFキム・ヨングンは、年末に大宮への移籍が決定。
【関連記事】
日刊スポーツ 2010.12.31『大宮が韓国代表DFキム・ヨングンを獲得』
スポニチ 2010.12.31『大宮 韓国代表DFを獲得』
日刊スポーツ 2010.12.19『G大阪と大宮が東京の韓国代表キム獲りへ』
スポーツ報知 2010.12.19『F東京の韓国代表キム・ヨングン獲り!完全移籍で狙う…大宮』



退団情報
●安田理大(G大阪→フィテッセ)
【Check Point】
 2007年にレギュラーに定着以来、ガンバ大阪で活躍してきた安田理大。当初はガンバ残留やレバークーゼン移籍も囁かれていましたが、年末に突如話が出てきたフィテッセへの移籍が決定。2010年シーズンもポカは多かったものの、加地不在の時は右SBもこなしていたユーティリティプレイヤーだったので、戦力ダウンは否めないところ。ただ、海外へ挑戦するなら若い時にしたほうがよいので、本人にとってはベストな選択だったのではないでしょうか。去り際の「焼肉はでん」という安田らしい悪ノリPRを残して、オランダへと旅立っていきました(笑)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.8『DF安田理大選手 オランダ1部リーグ・フィテッセへ完全移籍のお知らせ』
スポニチ 2011.1.9『G大阪・安田理「ガンバ魂を胸に戦う」オランダ移籍』
スポニチ 2011.1.9『「ガンバ魂で戦う」安田の移籍、G大阪が正式発表』
デイリースポーツ 2011.1.9『安田「夢だった」フィテッセ入団会見』
日刊スポーツ 2011.1.8『【G大阪】安田のフィテッセ移籍を発表』
スポニチ 2011.1.8『G大阪・安田、フィテッセ決定 背番16』
スポニチ 2011.1.8『フィテッセ移籍の安田「ガンバ魂を胸に闘ってきます」』
スポーツ報知 2011.1.8『安田フィテッセと異例の半年契約「戦える自信ある」』
スポニチ 2011.1.7『安田がフィテッセ入団会見「海外でプレーが夢だった」』
スポニチ 2011.1.7『G大阪・安田理がオランダに出発 フィテッセと契約へ』
デイリースポーツ 2011.1.7『G大阪・安田、蘭1部フィテッセ移籍へ』
日刊スポーツ 2011.1.6『安田オランダ1部フィテッセと大筋合意』
スポニチ 2011.1.6『G大阪の元日本代表DF安田 フィテッセ移籍へ』
スポーツ報知 2011.1.6『安田理、フィテッセとの正式契約に向けオランダへ出発…G大阪』
スポニチ 2010.12.31『G大阪・安田理“罰金締め”解団式に寝坊し大遅刻』
スポニチ 2010.12.31『G大阪・安田理、お別れの日に無断欠席!罰金!』
スポーツ報知 2010.12.31『解団式遅刻!安田“別れのあいさつ”どころか罰金!?…G大阪』
スポーツ報知 2010.12.28『安田理がフィテッセ移籍決定的!…G大阪』
スポニチ 2010.12.27『G大阪 安田理 フィテッセ完全移籍へ!内田と長友に刺激受けた』
スポーツ報知 2010.12.16『安田理引き留めへ3年契約提示…G大阪』
スポーツ報知 2010.11.27『海外移籍熱望の安田、2度目交渉も保留…G大阪』
日刊スポーツ 2010.11.12『G大阪安田理来季は残留か海外挑戦の2択』
スポーツ報知 2010.11.12『安田理が契約延長保留、海外オファー待つ…G大阪』
日刊スポーツ 2010.11.11『G大阪安田理を独レーバークーゼン調査』



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次続きを読む


posted by マルセリーニョ・カリオカ at 21:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ガンバ大阪移籍動向(2010−2011)【2011/1/2付】

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


あけましておめでとうございます。天皇杯決勝も終了し、本格的なオフシーズンに入りました。ガンバ大阪から正式発表されている入団内定選手は、大学生のみ。1月に入ってから徐々に2011年シーズンの陣容が明らかになるとは思いますが、若干出遅れ気味な気配も・・・。とりあえず、2011年1月2日現在の移籍情報をまとめてみました。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


GK
入団
特になし




退団
特になし

フレッツ


DF
入団
●金正也(駒澤大学→G大阪)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.9.10『駒澤大学 DF 金 正也(キム・ジョンヤ) 選手 2011年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
デイリースポーツ 2010.9.10『G大阪が駒大の大型DF金正也と仮契約』
スポニチ 2010.7.20『G大阪 駒大Vの立役者DF金正也獲得へ』

リッスンジャパンで試聴&ダウンロード


●藤春廣輝(大阪体育大学→G大阪)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.9.30『大阪体育大学 DF 藤春 廣輝(ふじはる ひろき) 選手 2011年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
スポーツ 2010.9.30『大体大DFがG大阪に新加入』



●山村和也(流通経済大学→G大阪?)
【関連記事】
スポーツ報知 2010.10.27『U―21代表・山村争奪戦で破格“A契約オファー”…浦和』
スポーツ報知 2010.10.26『U―21代表・流通経大MF山村獲りに参戦…G大阪』

DVD宅配


●槙野智章(広島→G大阪?)
【Check Point】
10月に報知が報道したニュース。その後、ガンバ大阪の名前は全く出ず、名古屋、横浜Fマリノス、柏などが獲得に興味を示すも、最終的にはケルンへの移籍が決定。本来ならば、「また報知の飛ばし記事か?」で終わるところだが、「11月に監督と編成会議を開いて、正式に獲得に乗り出すか決めます」という一文が気になるところ。もし仮に本気で狙ったとして、そんな時期から動き出しても、名古屋などに先を越されて獲得失敗が目に見えているだけに、ガンバ大阪の強化部は大丈夫かと思わせる1件だった。
【関連記事】
日刊スポーツ 2010.12.31『槙野ケルン完全移籍 1月2日に独出発』
スポニチ 2010.12.31『ケルン移籍合意…槙野、合宿で満面の笑み』
スポーツ報知 2010.12.31『槙野1FCケルン完全移籍決定!新年2日に渡独…広島』
デイリースポーツ 2010.12.31『槙野 ドイツ1部ケルンへの移籍が決定』
日刊スポーツ 2010.12.30『【広島】DF槙野がケルンへ移籍決定』
スポニチ 2010.12.30『日本代表DF槙野 独1部ケルンへ完全移籍』
スポーツ報知 2010.12.8『槙野、進路決定へ1週間ブンデスリーガ視察…広島』
日刊スポーツ 2010.12.5『広島槙野「ゆっくり考える」』
スポニチ 2010.11.21『V2補強へ動く名古屋 藤本、槙野、永井獲りへ』
サンケイスポーツ 2010.11.21『名古屋に油断なし!槙野、藤本と合意間近』
日刊スポーツ 2010.11.12『横浜が槙野獲得失敗 DF層の薄さ露呈も』
スポニチ 2010.11.12『槙野、横浜&柏の獲得オファー断っていた』
スポーツ報知 2010.11.12『横浜Mに断り槙野、名古屋、欧州、残留の3択…広島』
日刊スポーツ 2010.11.11『広島槙野去就越年覚悟 欧州移籍も念頭』
スポーツ報知 2010.11.11『海外挑戦を優先!槙野、去就は越年覚悟…広島』
中国 2010.11.11『槙野に熱視線、3クラブからオファー 広島は残留要請』
日刊スポーツ 2010.11.9『名古屋が槙野と交渉「返答無期限」で誠意』
スポーツ報知 2010.11.9『大トリ移籍交渉!槙野に年俸4200万円3年契約…名古屋』
日刊スポーツ 2010.10.23『闘莉王が槙野に名古屋移籍ラブコール』
日刊スポーツ 2010.10.22『名古屋が清水藤本と広島槙野ダブル獲りへ』
日刊スポーツ 2010.10.21『広島槙野がブンデス移籍熱望 今冬にも』
日刊スポーツ 2010.10.19『横浜、正式に広島DF槙野獲りをオファー』
スポニチ 2010.10.19『浦和も槙野獲り参戦へ G大阪&新潟助っ人も候補』
サンケイスポーツ 2010.10.19『横浜M、槙野獲り参戦 得点力に期待!』
スポニチ 2010.10.18『横浜 広島の槙野獲得へ!すでにオファー』
スポーツ報知 2010.10.15『広島・槙野獲りに安田がアシスト…G大阪』
スポーツ報知 2010.10.14『来季リーグ戦&ACL2冠へ広島・槙野獲得へ…G大阪』

グアム レンタカー


●今野泰幸(FC東京→G大阪?)
【Check Point】
ここ数年、今野の名前は挙がるも、移籍は実現せず。おそらく、昔の報道から記者がガンバ大阪の名前を挙げただけの可能性が高い。
【関連記事】
スポニチ 2010.12.14『今野もFC東京残留!J2史上最強メンバーだ』
サンケイスポーツ 2010.12.14『FC東京、降格も大補強!今野は残留』
中日スポーツ 2010.12.12『G大阪が今野獲りへ』
スポニチ 2010.12.11『FC東京・米本が残留決定、注目の今野も残留へ』
サンケイスポーツ 2010.12.11『平山、今野らFC東京主力が契約交渉』



●キム・ヨングン(東京→G大阪?)
【Check Point】
G大阪移籍報道が流れるも、大宮移籍が決定。
【関連記事】
日刊スポーツ 2010.12.31『大宮が韓国代表DFキム・ヨングンを獲得』
スポニチ 2010.12.31『大宮 韓国代表DFを獲得』
日刊スポーツ 2010.12.19『G大阪と大宮が東京の韓国代表キム獲りへ』
スポーツ報知 2010.12.19『F東京の韓国代表キム・ヨングン獲り!完全移籍で狙う…大宮』

Manhattan Records Presents BEST OF 2010 MIX


退団
●安田理大(G大阪→フィテッセ?)
【関連記事】
スポニチ 2010.12.31『G大阪・安田理“罰金締め”解団式に寝坊し大遅刻』
スポニチ 2010.12.31『G大阪・安田理、お別れの日に無断欠席!罰金!』
スポーツ報知 2010.12.31『解団式遅刻!安田“別れのあいさつ”どころか罰金!?…G大阪』
スポーツ報知 2010.12.28『安田理がフィテッセ移籍決定的!…G大阪』
スポニチ 2010.12.27『G大阪 安田理 フィテッセ完全移籍へ!内田と長友に刺激受けた』
スポーツ報知 2010.12.16『安田理引き留めへ3年契約提示…G大阪』
スポーツ報知 2010.11.27『海外移籍熱望の安田、2度目交渉も保留…G大阪』
日刊スポーツ 2010.11.12『G大阪安田理来季は残留か海外挑戦の2択』
スポーツ報知 2010.11.12『安田理が契約延長保留、海外オファー待つ…G大阪』
日刊スポーツ 2010.11.11『G大阪安田理を独レーバークーゼン調査』

特産品


MF
入団
●大森晃太郎(G大阪ユース→G大阪)
【Check Point】
今年のユースを引っ張り、サテライトのゲームにもたびたび出場していた大森が、今年唯一のトップ昇格組となった。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.10.10『ガンバ大阪ユースMF大森晃太郎選手 2011年ガンバ大阪ユースからのトップ昇格選手として仮契約終了』
日刊スポーツ 2010.10.11『G大阪ユースのMF大森が昇格』

エステサロン


●枝村匠馬(清水→G大阪?)
【Check Point】
ストーブリーグの震源地となっている清水だが、MF枝村をガンバ大阪が獲得とデイリースポーツが大きく取り上げた。主力MFが30代に差し掛かったガンバ大阪が水面下で調査という内容だったが、1週間後に山本浩靖強化本部長が否定。デイリーの自作自演の飛ばし記事だったのか・・・・
【関連記事】
デイリースポーツ 2010.12.18『G大阪が清水・枝村獲得の報道否定』
デイリースポーツ 2010.12.12『G大阪、中盤若返り図り清水MF枝村獲得へ』



●東慶悟(大分→G大阪?)
【Check Point】
経営不振の大分の若手MFが、G大阪へ移籍と報道されたが、結局は大宮への移籍が決定した。佐々木の件でも、条件面で大宮が上回っていたことから、競り負けた可能性もある。
【関連記事】
スポニチ 2010.12.30『アジア大会制覇に貢献 大分MF東が大宮入り』
デイリースポーツ 2010.12.5『G大阪が大分MF東をリストアップ』



退団
●家長昭博(G大阪→マジョルカ、完全移籍)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.12.21『家長昭博選手 スペイン1部リーグ「RCDマジョルカ」への移籍発表記者会見』
セレッソ大阪HP 2010.12.21『家長昭博選手からのメッセージ』
ガンバ大阪HP 2010.12.16『MF家長昭博選手 RCDマジョルカ(スペイン・1部リーグ) へ移籍』
セレッソ大阪HP 2010.12.16『家長昭博選手の移籍について』
スポーツ報知 2011.1.1『家長、マジョルカ移籍初練習』
デイリースポーツ 2011.1.1『“家長フィーバー”地元紙トップ扱い』
スポニチ 2011.1.1『マジョルカ家長初練習でもう溶け込んだ』
スポニチ 2011.1.1『マジョルカ家長初練習 スペイン語交え1時間半』
日刊スポーツ 2010.12.31『家長「挑戦する喜び」マジョルカ入団会見』
スポニチ 2010.12.31『家長マジョルカ入団会見 スペイン語で「アキと呼んで」』
スポーツ報知 2010.12.31『家長「成功する」…マジョルカ入団会見』
デイリースポーツ 2010.12.31『家長 スペイン語で「AKIと呼んで」』
日刊スポーツ 2010.12.30『C大阪から移籍の家長マジョルカ到着』
デイリースポーツ 2010.12.30『家長、疲れた…ドタバタのマジョルカ入り』
日刊スポーツ 2010.12.29『マジョルカ入り家長がスペインへ出発』
日刊スポーツ 2010.12.22『スペイン旅立ち家長晴れ晴れ「不安なし」』
スポニチ 2010.12.22『家長、マジョルカ移籍「成功できると思っている」』
スポーツ報知 2010.12.22『家長が移籍会見“鬼門”スペインリーグ攻略に自信!』
デイリースポーツ 2010.12.22『家長が気合満々「評価上げる」』
日刊スポーツ 2010.12.21『家長がマジョルカで「個性的なプレーを」』
スポニチ 2010.12.21『マジョルカ移籍の家長「これがスタートだと思う」』
スポニチ 2010.12.21『家長「スペインは世界最高峰 成功することで日本人の評価高まる」』
スポーツ報知 2010.12.19『マジョルカと契約・家長帰国も「何も話せない」…C大阪』
スポニチ 2010.12.18『神戸・大久保「本当にいい」マジョルカの環境絶賛』
デイリースポーツ 2010.12.18『ラウドルップ監督、家長に高評価』
日刊スポーツ 2010.12.17『C大阪家長移籍でサポとお別れ会検討』
日刊スポーツ 2010.12.17『家長20億円マジョルカ破格の次回移籍金』
スポニチ 2010.12.17『家長、マジョルカへ完全移籍!住居などVIP待遇だ』
スポニチ 2010.12.17『家長、マジョルカ完全移籍も…即レンタル!?』
スポニチ 2010.12.17『同じ日に生まれたライバル…家長VS本田 欧州で“第2章”』
スポニチ 2010.12.17『C大阪、家長抜けてもOK!?キム・ボギョン復帰』
スポーツ報知 2010.12.17『家長、マジョルカ決定!28日に入団会見…C大阪』
スポーツ報知 2010.12.17『4人の外国人枠空きなし!MFアマラウ退団も…C大阪』
サンケイスポーツ 2010.12.17『G大阪・家長、マジョルカ決定』
デイリースポーツ 2010.12.17『家長、マジョルカと長期契約も即レンタル?』
日刊スポーツ 2010.12.16『マジョルカ、家長獲得と公式HPで発表』
日刊スポーツ 2010.12.16『「家長移籍決定!」マジョルカ入り秒読み』
スポニチ 2010.12.16『1月1日付でマジョルカへ…G大阪が家長の移籍発表』
スポニチ 2010.12.16『マジョルカが家長獲得を発表 他クラブに即レンタルへ』
スポニチ 2010.12.16『家長、マジョルカ到着…ネックはEU外選手枠?』
サンケイスポーツ 2010.12.16『家長がマジョルカに移籍!公式サイトで発表』
デイリースポーツ 2010.12.16『家長、マジョルカ決定…TV局報じる』
日刊スポーツ 2010.12.15『C大阪家長をマジョルカが「獲得」と明言』
スポーツ報知 2010.12.14『家長がマジョルカ完全移籍+複数年契約へ…C大阪』
日刊スポーツ 2010.12.7『家長マジョルカ浮上「比較的割安」で白羽』
スポーツ報知 2010.12.7『スペイン名門・マジョルカが家長獲り!!…C大阪』
日刊スポーツ 2010.12.3『家長スペイン移籍は「言えない」』
日刊スポーツ 2010.12.2『C大阪家長Aマドリード移籍も』
日刊スポーツ 2010.11.22『元日本代表・C大阪家長をザグレブが調査』
日刊スポーツ 2010.11.5『C大阪播戸、家長退団も』



●寺田紳一(G大阪→横浜FC、レンタル)
【Check Point】
ガンバ大阪から横浜FCへのレンタル移籍期間延長が、両クラブから発表された。関係者の話によると、「試合に出ることの楽しさや、カズの存在が大きい」ことから、レンタル期間の延長を決めたとのこと。また、現時点では「ガンバに戻ってくる気はある」ということなので、今のところ片道切符の可能性は薄そうなのは幸いである。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.12.30『MF寺田紳一選手 2011シーズンも横浜FCにて期限付き移籍期間延長のお知らせ』
横浜FCHP 2010.12.30『MF寺田紳一選手期限付き移籍期間延長のお知らせ』
スポニチ 2010.12.31『安田理の弟・晃がJ2北九州へ移籍』
スポニチ 2010.12.30『横浜FC 寺田の移籍期間延長』



●倉田秋(G大阪→C大阪、レンタル)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.7『MF倉田秋選手 2011シーズン セレッソ大阪へ期限付き移籍のお知らせ』
日刊スポーツ 2011.1.18『期限付き移籍倉田が打倒ガンバ宣言』
スポニチ 2011.1.7『C大阪にG大阪のMF倉田が加入』



●安田晃大(G大阪→北九州)
【Check Point】
当初はレンタル移籍でJ2へという報道があった安田晃大は、結局キラヴァンツ北九州への完全移籍が決定。ガンバでは、ベテランMFの壁に阻まれて、試合出場のチャンスが巡ってくることはなかったが、北九州ではレギュラーとして活躍できる力はあるので、本人にとってよい移籍となるはず。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.4『MF安田晃大選手 2011シーズンよりギラヴァンツ北九州へ完全移籍のお知らせ』
デイリースポーツ 2011.1.14『J2北九州・三浦泰新監督「戦力整った」』
スポニチ 2011.1.4『安田弟ら4選手が北九州に移籍』
スポニチ 2010.12.31『安田理の弟・晃がJ2北九州へ移籍』
スポーツ報知 2010.12.31『安田弟・晃大は北九州へ!7選手が“さよなら”…G大阪』

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


●佐々木勇人(G大阪残留決定)
【Check Point】
今季で契約が切れる佐々木に対し、ガンバ大阪は2年契約を提示したが、大宮アルディージャが3年契約でガンバ大阪を上回る条件を提示。レギュラーでの出場機会が増えることから、大宮選択の可能性もあったが、「ACL」が決め手となって残留が決定した。
【関連記事】
スポーツ報知 2010.12.28『佐々木が残留明言「ACL優勝したい」…G大阪』
スポーツ報知 2010.12.19『佐々木、大宮から3年契約提示「すごく迷う」…G大阪』

Ponta&LAWSONネットショッピング【PC・携帯兼用】


FW
入団
●川西翔太(大阪体育大学→G大阪)
【Check Point】
天皇杯でガンバと対戦し、ゴールを挙げた川西を獲得。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.10.23『大阪体育大学 FW 川西 翔太(かわにし しょうた) 選手 2011年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
スポニチ 2010.10.23『大体大FWがG大阪内定』
スポーツ報知 2010.10.23『“大舞台に強い”大体大FW川西の入団決定…G大阪』




●キム・スンヨン(全北現代→G大阪?)
【関連記事】
スポニチ 2011.1.12『G大阪、韓国MF金勝龍を獲得!前線の強化期待』
日刊スポーツ 2011.1.11『G大阪にKリーガー/J1移籍情報』
スポニチ 2011.1.11『G大阪 韓国の北京五輪代表MF獲得』
スポーツ報知 2011.1.6『北京五輪の韓国代表FWキム・スンヨン獲得…G大阪』




●アドリアーノ(C大阪→G大阪?)
【関連記事】
日刊スポーツ 2011.1.20『【G大阪】アドリアーノを完全移籍で獲得』
スポニチ 2011.1.20『G大阪 アドリアーノを完全移籍で獲得』
スポニチ 2010.12.21『C大阪ピンポン獲得へ!?ポスト・アドリアーノとして期待』
スポニチ 2010.12.21『C大阪 新たな得点源としてブラジル人FW獲得へ』
スポーツ報知 2010.12.3『C大阪のFWアドリアーノにオファー…G大阪』
スポニチ 2010.12.2『G大阪 来季助っ人本命はアドリアーノ』




●ラファエル(大宮→G大阪?)
【Check Point】
昨年の夏に移籍検討も、故障で獲得を見送ったラファエルに、再度オファーの報道が流れたが、大宮残留が決定した。
【関連記事】
スポーツ報知 2010.11.10『大型FWラファエル、年俸1億2000万円で完全移籍…大宮』
スポニチ 2010.10.28『G大阪、大型補強!大宮FWラファエル獲得に動く』
スポニチ 2010.10.28『G大阪 大宮のラファエル獲得へ』




●ラドンチッチ(城南一和→G大阪?)
【Check Point】
Kリーグの城南に所属する長身FW。以前、甲府に在籍していた。ポストプレイヤー獲得を狙うガンバが興味を示したとあったが、結局その後の報道にガンバ大阪の名前はなく、入団が決定的となっていた横浜Fマリノスもケガで獲得を断念した。
【関連記事】
スポーツ 2010.12.31『来季エース候補けがで獲得断念…横浜M』
スポーツ報知 2010.12.13『192センチ・モンテネグロ人FW獲得に一本化…横浜M』
デイリースポーツ 2010.11.11『G大阪、韓国Kリーグ192センチFW獲り』




●チョヨンチョル(新潟→G大阪?)
【Check Point】
「新潟に所属する若手アタッカー獲得」というニュースが10月に流れたが、12月12日に新潟が契約を更新し、そのまま残留することが明らかとなった。
【関連記事】
サッカーキング 2010.12.12『新潟がチョ・ヨンチョルと契約更新』
日刊スポーツ 2010.10.11『G大阪、新潟FWチョ永哲獲りを検討』




退団
●ルーカス(G大阪→アトレチコ・パラナエンセ)
【Check Point】
最初の報道では、「故障がちでガンバが戦力外通告」と流れたが、実際は「妻と話し合った結果、ブラジルへ帰国」することを決めたらしい。(よく考えると、ガンバが戦力外とするのもおかしな話ではあるが・・・)注目の移籍先は、ルーカス自身が最初に所属したブラジルのアトレチコ・パラナエンセに決定。古巣でも、ガンバ時代と同じような活躍をしてくれることを期待しています。
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2010.11.24『FWルーカス選手 契約満了に伴い、2010シーズンをもって退団のお知らせ』
アトレチコ・パラナエンセHP 2010.12.20『Lucas: “Estou voltando para casa”』
日刊スポーツ 2010.11.25『G大阪ルーカスが契約満了で退団』
スポニチ 2010.11.25『G大阪ルーカス「本当に感謝…」今季限りで退団へ』
デイリースポーツ 2010.11.25『G大阪・ルーカス退団へ』
スポーツ報知 2010.11.24『ルーカスが今季限りで退団…G大阪』
朝日 2010.11.24『ガ大阪のルーカス、今季限りで退団』
スポーツ報知 2010.11.11『契約更新せずルーカス退団、チョ・ジェジンも…G大阪』




●ドド(G大阪→鳥取?)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.7『FWドド選手 契約満了にて退団のお知らせ』
日刊スポーツ 2011.1.8『G大阪FWドドが契約満了で退団』
スポニチ 2011.1.7『ブラジル人FWがG大阪退団』
スポニチ 2010.12.31『安田理の弟・晃がJ2北九州へ移籍』
スポーツ報知 2010.12.31『安田弟・晃大は北九州へ!7選手が“さよなら”…G大阪』




●チョジェジン(G大阪→?、退団決定)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.6『FWチョジェジン選手 契約満了にて退団のお知らせ』
日刊スポーツ 2011.1.6『【G大阪】チョ・ジェジン退団を発表』
スポニチ 2011.1.6『G大阪 FW退団』
スポニチ 2010.12.31『安田理の弟・晃がJ2北九州へ移籍』
スポーツ報知 2010.12.31『安田弟・晃大は北九州へ!7選手が“さよなら”…G大阪』
スポーツ報知 2010.11.11『契約更新せずルーカス退団、チョ・ジェジンも…G大阪』



●ペドロ・ジュニオール(G大阪→FC東京、レンタル)
【関連記事】
ガンバ大阪HP 2011.1.6『FWペドロジュニオール選手 2011シーズン FC東京へ期限付き移籍のお知らせ』
日刊スポーツ 2011.1.7『【東京】ペドロジュニオール獲得を発表』
スポニチ 2011.1.6『FC東京 ジュニオールを獲得』
スポニチ 2010.12.30『FC東京、来季J1昇格のカギはブラジル人』
日刊スポーツ 2010.12.14『東京、決定力不足解消へペドロ獲得へ』
スポーツ報知 2010.12.13『ブラジル人FWペドロ&元新潟・ホベルト獲り…F東京』
スポーツ報知 2010.11.13『ブラジルレンタル中“造反”ペドロF東京入りへ…G大阪』
スポニチ 2010.10.19『浦和も槙野獲り参戦へ G大阪&新潟助っ人も候補』




●山崎雅人(G大阪→広島?、完全移籍)
【関連記事】
日刊スポーツ 2011.1.15『広島にFW山崎雅人が完全移籍』
スポニチ 2011.1.15『広島、FW山崎の完全移籍を発表』
スポニチ 2011.1.14『広島 山崎がG大阪から完全移籍』
スポニチ 2010.12.31『安田理の弟・晃がJ2北九州へ移籍』
スポーツ報知 2010.12.31『安田弟・晃大は北九州へ!7選手が“さよなら”…G大阪』



●平井将生(G大阪→ボルフスブルグ?)
【関連記事】
スポニチ 2010.12.3『ボルフス平井獲り!格安移籍金で一気の成立も』

夢展望コレクション


スタッフ
入団
●西野朗(続投)
【関連記事】
日刊スポーツ 2010.11.23『西野監督も続投内定 G大阪10年目へ』

アウトレットモール BRANDELI(ブランデリ)


●宮本恒靖(神戸→G大阪フロント?)
【Check Point】
神戸での出場機会激減から移籍を模索していた宮本が、ガンバ大阪幹部と将来の進路について会談という報道が流れたが、結局は神戸残留が決定した。
【関連記事】
宮本恒靖HP 2011.1.2『新年のごあいさつ』
日刊スポーツ 2011.1.3『宮本が自身のブログで神戸残留発表』
スポニチ 2011.1.3『神戸・宮本「貢献したい」自身のサイトで残留明言』
スポニチ 2011.1.3『宮本、神戸残留“明言”「貢献していきたい」』
スポーツ報知 2011.1.3『宮本が神戸残留を表明』
デイリースポーツ 2011.1.3『宮本、神戸残留へ HPで明かす』
日刊スポーツ 2010.11.28『元日本代表宮本、今季限りで神戸退団も』



退団
報道なし




☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次続きを読む
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 11:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

W杯予想C〜凋落したフランスとメキシコ躍進!?

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


◆大穴は・・・タコスの国
 ◎ドイツ、○アルゼンチンときて、▲にイングランドやオランダを指名するのでは芸がないので、▲は大穴のメキシコを指名します。有利といわれるAグループ、Bグループを見たときに、面白いと思ったのがメキシコでした。Aグループの予想は、1位フランス、2位南アフリカだというのが大方の予想でしょうが、メキシコは南アフリカと同じく、グループリーグをずっと高地で戦うことができる点が有利。そして、開幕戦が南アフリカ、2戦目がフランスというのもイイ!日韓大会の日本が初戦でガチガチになっていたように、W杯実績のない開催国の開幕戦はプレッシャーがあるので、おそらく引き分けではないでしょうか。フランスは初戦を平地で戦ってから、2戦目で高地に移動するので、ここは勝ち点3すら見込めます。3戦目に、決勝T進出がかかる南アフリカと対戦するフランスを尻目に、1位通過ということも十分にありえるでしょう。仮に2位でも、相手は奇跡のミス采配も期待できるアルゼンチン。ベスト16まで進むものの、その先へは進めなかったメキシコの躍進に期待です。




◆フォーカス
 とりあえず、買い目は・・・

単勝  ドイツ
馬連  ドイツ−オランダ
    ドイツ−イングランド
3練単 ドイツ−オランダ−メキシコ
    ドイツ−イングランド−メキシコ
    アルゼンチン−オランダ−メキシコ
    アルゼンチン−イングランド−メキシコ

 ただ、今回の予想は、予想屋として冷静にみた見解です。心情的には、スペインの優勝が見たいんですが・・・無敵艦隊が真の無敵艦隊となれるのかにも注目です☆




【World Cup 遠藤関連記事】
日刊スポーツ 2010.7.2『遠藤、4年後出場も意欲「上へ行きたい」』
スポニチ 2010.7.2『期待に応えた遠藤 Jリーグけん引の覚悟』
デイリースポーツ 2010.7.2『遠藤、4年後も譲らん「さらに成長したい」』
読売 2010.7.2『<W杯>お帰り青い勇者、4200人熱狂』




日刊スポーツ 2010.7.1『遠藤W杯再挑戦誓う「寂しくて涙」/日本』
スポニチ 2010.7.1『パラグアイ戦、MBS史上最高視聴率!関西53・5%』
スポニチ 2010.7.1『遠藤 4年後へ「何回でもチャレンジしたい」』
サンケイスポーツ 2010.7.1『遠藤、ブラジル大会も「チャレンジしたい」』
サンケイスポーツ 2010.7.1『【サムライトーク2】松井「点取りたかった」』
デイリースポーツ 2010.7.1『「何度でも挑戦」遠藤、ブラジル大会も出る』




日刊スポーツ 2010.6.30『遠藤「PKはしょうがない」/日本』
日刊スポーツ 2010.6.30『日本はPK戦3−5で敗れ敗退/決勝T』
日刊スポーツ 2010.6.30『悔しいPK戦の詳細/決勝T1回戦』
日刊スポーツ 2010.6.30『夜の道頓堀川にダイブも/決勝T1回戦』
スポニチ 2010.6.30『目には涙…“職人”遠藤「PKはしょうがない」』
スポーツ報知 2010.6.30『長谷部「気持ちは見せられた」…日本代表コメント集』
スポーツ報知 2010.6.30『選手の地元各地で健闘に拍手「よくやった」』
デイリースポーツ 2010.6.30『遠藤、FKもクリアされる』
デイリースポーツ 2010.6.30『飛び込み警戒で道頓堀に機動隊員配置』




日刊スポーツ 2010.6.29『いざ出陣!岡田ジャパンイレブンの声』
スポーツ報知 2010.6.29『走る+ファウル+FK=日本勝利の方程式』
サンケイスポーツ 2010.6.29『遠藤、FKに自信「自信を持って」』
サンケイスポーツ 2010.6.29『遠藤がFIFAの単独取材!4強進出に自信』
サンケイスポーツ 2010.6.29『驚弾で8強!本田、『コロコロPK』披露』
デイリースポーツ 2010.6.29『息子よ見てろ!遠藤が連弾誓った』




スポーツ報知 2010.6.28『次もまかせろ!本田、遠藤、俊輔が入念にFK練習』
デイリースポーツ 2010.6.28『日本は走り勝てる!1次Lで全体2位』
デイリースポーツ 2010.6.28『FK大作戦!ファウル誘発で“EH砲”』




デイリースポーツ 2010.6.27『岡田監督PK特訓だ!練習は非公開か』




日刊スポーツ 2010.6.26『遠藤本田制し「オレに蹴らして」弾/E組』
日刊スポーツ 2010.6.26『岡ちゃんは強いんだ目標世界4強へ/E組』
スポニチ 2010.6.26『相手GKは本田警戒…遠藤“狙い通り”雪辱FK』
スポニチ 2010.6.26『「日本がお手本…」世界のメディアが絶賛!』
スポニチ 2010.6.26『変幻自在!選手と指揮官“あうんの呼吸”』
スポーツ報知 2010.6.26『本田と思わせて…遠藤!美しすぎるFK!』
スポーツ報知 2010.6.26『俊輔外しの賭けに勝った岡田監督…苦渋の決断明かす』
サンケイスポーツ 2010.6.26『本田の左!遠藤の右!世界が震えたFK共演』
デイリースポーツ 2010.6.26『自画自賛の一撃!遠藤が“柔”のFK決めた』




日刊スポーツ 2010.6.25『日本2大会ぶり2度目の決勝T進出/E組』
日刊スポーツ 2010.6.25『日本3−1勝利、2位で決勝T進出/E組』
日刊スポーツ 2010.6.25『遠藤FK「自信持って蹴った」/E組』
日刊スポーツ 2010.6.25『鹿児島県では「ヤット、ヤット」の連呼』
日刊スポーツ 2010.6.25『ミナミでも「本田選手のゴールに鳥肌」』
日刊スポーツ 2010.6.25『道頓堀川にダイブ、渋谷交差点1000人』
日刊スポーツ 2010.6.25『橋下知事、大阪出身の本田らの表彰を検討』
スポニチ 2010.6.25『歓喜の犬飼会長「FKが2本あんなにうまく決まるとは」』
スポニチ 2010.6.25『遠藤、会心の感触「蹴った瞬間、入ると思った」』
スポーツ報知 2010.6.25『本田、遠藤、岡崎決めた!日本3発快勝!決勝T決めた』
スポーツ報知 2010.6.25『遠藤、「狙い通り」技ありFKで2点目決めた』
スポーツ報知 2010.6.25『W杯日本勝利に歓喜!列島バンザ〜イ!!』
サンケイスポーツ 2010.6.25『遠藤、FKで追加点「今度はオレが蹴るわ」』
サンケイスポーツ 2010.6.25『開催国メディアも絶賛「素晴らしいフリーキック」』
デイリースポーツ 2010.6.25『本田&遠藤FK2発!日本勝った!決勝Tだ』

FX


日刊スポーツ 2010.6.24『遠藤ミドル封印解きデンマーク崩す/日本』
サンケイスポーツ 2010.6.24『“ヒデ弾”再現へ!遠藤、必殺FKに意欲』

豊胸


日刊スポーツ 2010.6.23『遠藤、球際の強さと気持ちでやる/日本』
スポニチ 2010.6.23『遠藤、高速セットプレーで崩す!24日デンマーク戦』
スポニチ 2010.6.23『遠藤 “飛び道具”で決勝T進出をアシストだ!』
スポーツ報知 2010.6.23『岡田監督、空中戦「3か条」を伝授!』
サンケイスポーツ 2010.6.23『遠藤、デンマーク戦に秘策!長身怖くない!』
デイリースポーツ 2010.6.23『遠藤、デンマーク撃破へ4色FK決める!』




日刊スポーツ 2010.6.22『MF遠藤、疲労回復に努める/日本』
デイリースポーツ 2010.6.22『本田効果や!視聴率関西初勝利!! 』

体験談 ぷらざ


日刊スポーツ 2010.6.21『遠藤パスがデンマーク攻略糸口/日本』
スポニチ 2010.6.21『トルシエ氏 10点満点で9点 遠藤はもっとアグレッシブに』
スポニチ 2010.6.21『決勝T進出の可能性60% トルシエ氏「もう1人アタッカーを」』
スポニチ 2010.6.21『疲労蓄積なんて言ってられない!遠藤「嫌でも体は動く」』
毎日 2010.6.21『サッカー:南アフリカW杯 オランダ戦、県内でも声援 次は必ず勝って! /鹿児島』

エステ


日刊スポーツ 2010.6.20『遠藤「勝ち点1が欲しかった…」/E組』
日刊スポーツ 2010.6.20『オシム氏が雷「エゴイスト大久保」/E組』
日刊スポーツ 2010.6.20『オシム氏遠藤と俊輔のプレーに苦言/E組』
日刊スポーツ 2010.6.20『遠藤「想定内だった」オランダ攻撃/E組』
日刊スポーツ 2010.6.20『遠藤「もう試合は返ってこない」/E組』
スポニチ 2010.6.20『「HAE」トリオ痛恨!スナイダー弾食った』
スポーツ報知 2010.6.20『オシム氏は日本ドローに辛口評価「殺し屋の本能足りない」』
スポーツ報知 2010.6.20『オシム前監督、俊輔と遠藤に苦言』
毎日 2010.6.20『サッカー:遠藤保仁の軌跡』

合宿免許のFLC合宿運転免許センター


日刊スポーツ 2010.6.19『遠藤、先制点を取らないといけない/日本』
日刊スポーツ 2010.6.19『ミナミも熱い!くいだおれ太郎もエール!』
スポニチ 2010.6.19『遠藤 静かな闘志「まずは走り負けないように」』

オンライン英会話


日刊スポーツ 2010.6.18『遠藤、兄に続け「ダーバンの奇跡」/日本』
日刊スポーツ 2010.6.18『遠藤「相手より走らないとチャンスない」』
スポニチ 2010.6.18『日本代表3ボランチ オランダMFが見せた泥臭さをそのまま実践』
スポニチ 2010.6.18『カメ戦の倍以上?…オランダ戦にもうひとつの“敵”』
サンケイスポーツ 2010.6.18『遠藤、オランダ司令塔とガチ勝負任せろ』
デイリースポーツ 2010.6.18『MF遠藤、オランダ戦も走り勝つ!』



日刊スポーツ 2010.6.17『G大阪安田「ケイスケ」に負けない』
スポニチ 2010.6.17『遠藤、リベンジへ平常心「リズム崩さず積極的に」』
スポニチ 2010.6.17『遠藤スペイン敗戦に驚き「スイスもいいチーム」』
スポーツ報知 2010.6.17『“マイアミの奇跡”演出の西野監督「一体感が大事」』
スポーツ報知 2010.6.17『岡田監督、マイアミに学ぶ!オランダ戦で奇跡再び!』
スポーツ報知 2010.6.17『遠藤が闘志「主導権握らせる気はない」』
デイリースポーツ 2010.6.17『オランダ戦へ“秘策”だ「4‐4‐2」』



スポニチ 2010.6.16『遠藤 「次が大事」オランダ戦に気持ち切り替え』
スポニチ 2010.6.16『川崎Fに関大DF田中が加入』
毎日 2010.6.16『サッカー:南アフリカW杯 ライオン完封、遠藤選手の地元熱狂 /鹿児島

毎日 2010.6.16『サッカー:南アフリカW杯 初戦勝利に貢献、大久保選手「よくやった」 /長崎』



日刊スポーツ 2010.6.15『日本勝利に大阪のサッカーバー熱狂/E組』
日刊スポーツ 2010.6.15『川島父が!長友後輩が!遠藤の同級生が!』
スポニチ 2010.6.15『阿部&遠藤 絶妙なバランスで仕事させず』
スポニチ 2010.6.15『心境複雑?“浪速の黒豹”エムボマ氏も観戦』
スポーツ報知 2010.6.15『遠藤、待望のW杯ピッチで躍動!』
デイリースポーツ 2010.6.15『大阪では虎党が岡田ジャパンに大応援』
デイリースポーツ 2010.6.15『西野監督、岡田ジャパンは俊輔で変わる!』
毎日 2010.6.15『サッカー:南アフリカW杯 日本1−0カメルーン 本田1発、快勝 カメルーン零封』
毎日 2010.6.15『南アW杯2010:サッカー 日本1勝(その2止) 熱戦に列島興奮』
産経 2010.6.15『【W杯】遠藤、「ブブゼラ」にも負けず意思疎通図る』
産経 2010.6.15『【W杯】平均7.8キロ、日本「走り勝ち」 岡田指示通りデータ裏付け 一番走ったのは…』
産経 2010.6.15『【W杯】カメルーン戦後半視聴率は45・2% 瞬間最高49・1%』




日刊スポーツ 2010.6.14『本田、遠藤らスタメン、俊輔ベンチ/日本』
スポニチ 2010.6.14『【速報します】本田の1トップ!俊輔はベンチスタート』



スポニチ 2010.6.14『遠藤FK入念に確認「最大限の力出す」』
サンケイスポーツ 2010.6.14『【W杯】遠藤は淡々「ぎりぎりのところ狙えば」』



スポニチ 2010.6.13『日本代表が試合会場で調整 岡崎「死ぬ気でやる」』
スポニチ 2010.6.13『遠藤 驚異の適応力「スイス合宿の効果かな」』

脂肪吸引 男性


日刊スポーツ 2010.6.12『岡田日本の心臓・遠藤が「命」のパス送る』
サンケイスポーツ 2010.6.12『遠藤の“必殺兵器”コロコロPKはOK』
デイリースポーツ 2010.6.12『魅せて決めるゾ!遠藤コロコロPKだ』



スポニチ 2010.6.11『遠藤 プレス位置「はっきりさせたい」』
サンケイスポーツ 2010.6.11『メンバーほぼ決定も…日本代表また無得点』



スポーツ報知 2010.6.10『岡田ジャパン、セットプレーに秘策あり』
サンケイスポーツ 2010.6.10『岡田流じゃダメ!カメ必殺CKから闘莉王弾』
デイリースポーツ 2010.6.10『本田、FKもオレ!俊輔も遠藤も関係ない』



日刊スポーツ 2010.6.9『日本が頼るセットプレー3種のFK分業制』
日刊スポーツ 2010.6.9『岡ちゃん大バクチ!本田1トップ起用へ』
スポニチ 2010.6.9『本田、俊輔それとも遠藤?日本のFKは誰が…』
デイリースポーツ 2010.6.9『本田1トップ、日本の秘策カウンター』
毎日 2010.6.9『サッカー:南アフリカW杯 鹿児島からも熱く声援! 日本代表を大画面観戦 /鹿児島』
朝日 2010.6.9『〈代表リポート〉速攻重視 布陣は流動的』



日刊スポーツ 2010.6.8『MF遠藤「初戦でベストにもっていく」』
スポニチ 2010.6.8『遠藤がセットプレーのアイデアを“募集”』
スポーツ報知 2010.6.8『岡田日本、相手を「ハメる」 トリックFK大募集!

スポーツ報知 2010.6.8『カメルーン戦へ超守備的3ボランチをテスト』
デイリースポーツ 2010.6.8『遠藤、トリックFKはオレに任せろ!』
中日スポーツ 2010.6.8『遠藤 トリックプレー開発へ』



日刊スポーツ 2010.6.7『遠藤の決意!家族を南アフリカに招待』
スポーツ報知 2010.6.6『カメルーン戦直前 岡田ジャパンvsアフリカ…立て直しへ10日にも再テスト』

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次続きを読む
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 18:56| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予想B〜マラドーナとゲルマン魂

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー



◆恵まれたはずのアルゼンチン
 2強に不安要素ありとなれば、チャンスとなるのは3番人気のアルゼンチン。Bグループは、組み合わせにも日程にも恵まれたのは前述のとおり。経済危機で国家存亡も危ういギリシャ、格下の韓国、90年代の勢いがないナイジェリアであれば、まず1位通過は間違いない。さらに、メッシが2度目のW杯という条件に加え、テベス、ミリートといった欧州CL優勝に貢献したFWを抱えるだけに、本来であれば不動の本命といいたいところですが・・・問題は32か国中最低の監督との呼び声が高いマラドーナか。恐らく、キーとなるのは決勝トーナメント1回戦。南アフリカが、わざわざ自国を2位通過と予想し、アルゼンチンが苦手な高地決戦に誘い込んだと思えなくもない設定だけに、ドラッグの罠に嵌ったマラドーナが、サッカーでも罠に嵌らないか・・・底力は信頼しても、本命には抜擢できないので、対抗とします。



◆やっぱりドイツ
 そうなると、本命はドイツ。Dグループの組み合わせはまずまずで、何よりも信頼できるのは国としてのマネージメント能力。壊れない車は作れが、サッカーではいとも簡単に壊れてしまう日本とは対照的に、車もサッカーも一定レベル以上に必ず仕上げてくるのがドイツ。たとえ選手の能力が若干劣っていても、驚異的なチームマネジメントで上位進出するドイツにとって、南半球、高地、ジャブラニなど、不安定要素があるのはむしろ歓迎のクチ。競馬で言うと、接戦に強い上に不良馬場になるとほかが苦にする分有利というテイエムオペラオーのような感じで、今回の6番人気はお買い得感あり。手前味噌ではありますが、02年は高温多湿の気候を考慮してブラジル本命で、予想屋デビュー戦を勝利。06年は選手が成熟しているにも関わらず下馬評の低かったイタリア本命で、社内コンペで1人勝ちした私は、もしどこかで賭けをやるならば「ドイツ」を本命にしたいと思います。



【World Cup 遠藤関連記事】
スポニチ 2010.6.5『遠藤前半で交代…パスミス多くキープできず』
スポーツ報知 2010.6.5『遠藤、攻守に精彩欠き途中交代…G大阪』




日刊スポーツ 2010.6.4『長谷部トップ下岡ちゃんまた賭け大丈夫?』
日刊スポーツ 2010.6.4『遠藤「いい部分もあった」/親善試合』
スポニチ 2010.6.4『遠藤「いい感じです」システム変更にも柔軟に対応』
スポニチ 2010.6.4『遠藤は試合中のシステム使い分けに自信』
サンケイスポーツ 2010.6.4『遠藤「トリックある」秘策CK』
デイリースポーツ 2010.6.4『遠藤“仮想カメルーン”ゴールへ意欲』



スポニチ 2010.6.3『遠藤“高地効果”生かしてブレ球ミドル狙う』
サンケイスポーツ 2010.6.3『悪魔の右足!遠藤、ブレ球ミドル狙う』
デイリースポーツ 2010.6.3『MF俊輔は遠藤とFKの“特打ち”』



スポニチ 2010.6.1『オシム氏が岡田ジャパンに提言3 ミドルシュート』

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 18:40| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予想A〜大本命スペインとブラジルの死角

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー

ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ


◆危険な人気馬!?
 これまで説明した点を踏まえて、イギリスのブックメーカーのオッズを見てみると、1番人気スペインが4.0倍、2番人気ブラジルが4.5倍となっています。(6月10日現在)この数字を見て、競馬をやってる人ならピンとくることがあります。それは「1番人気が4倍以上の場合は、危険」ということです。なんせあれだけ堅いと言われた今年の春G1も、直近の安田記念は、1番人気が4.5倍で、人気馬が総崩れとなりました。こういう時は、「何か裏がある」と勘繰るのもありかと思います。

クリック証券


◆イバラ道が続くスペイン
 1番人気のスペインは、確かにチームのポテンシャルは高いでしょう。グループリーグを見ると、確実に1勝が計算できるホンジュラスに、決勝トーナメントに向けて格好のスパーリングの相手となりうる南米と欧州の中堅国(チリ、スイス)と同居しているのは、プラスでしょう。ところが問題となるのは、決勝トーナメント。グループリーグ最終戦から4日後にベスト16、さらに4日後にベスト8という過密日程となっている上に、ベスト16の相手がGグループの2位で、ブラジル、ポルトガル、コートジボワールのどれかとの対戦。さらに、勝ち上がったとしても、イタリアやデンマークといったスペインが苦手とする堅守速攻型チームとの対戦。さらにその上は、ドイツかアルゼンチンが有力です。このくじ運の悪さを考慮すると、危険な1番人気といっても過言ではないでしょう。

FXプライム


◆不運なブラジル
 これに対して、2番人気のブラジルもピンチ。とにかく、ここはグループリーグが最悪で、北朝鮮以外の3強が凌ぎを削る死のグループに入りました。仮に1位通過できたとしても、グループリーグ最終戦から3日後にベスト16、さらに4日後にベスト8というスペインを上回る過密日程。ベスト16が、高地でアルプス山脈を持つスイスと対戦する可能性が高く、その次が空飛ぶオランダ人以来、毎回接戦となるオランダ戦。逆に2位になった場合は、スペインと同じイバラの道で、こちらもいくら世界最強と言えども、積極的に推せる材料がありません。

データ復旧・データ復元の「信頼のオントラック」は、セキュリティ対策が施された日本最大級のデータ復旧専用ラボでメーカー公認の高度な技術力で正確な診断調査、スピード復旧。


【World Cup 遠藤関連記事】
日刊スポーツ 2010.5.31『遠藤「韓国戦より良かった」/親善試合』
スポニチ 2010.5.31『岡田ジャパンW杯へ光明…金星逃すも“希望1敗”』
スポニチ 2010.5.31『遠藤 頭脳的アシストで先制ゴールを演出』
スポーツ報知 2010.5.31『遠藤アシスト決めた!完全復活だ…G大阪』



スポニチ 2010.5.30『岡田采配どうなる?4―1―4―1で実戦へ』



日刊スポーツ 2010.5.29『遠藤「俺はシャビ」4−1−4−1の中心』
スポニチ 2010.5.29『新布陣で守備面を重視…岡田ジャパン連係取り戻せるか』



日刊スポーツ 2010.5.28『岡ちゃん守備的フォーメーションを試した』



スポニチ 2010.5.27『遠藤保仁 目標にも重圧にもなった2人の兄』

アルバイト・バイトならコールセンター求人情報と募集のジョブポケット


スポーツ報知 2010.5.26『本田、脱“一匹狼”腹割って話す 』
サンケイスポーツ 2010.5.26『本田「腹を割って」遠藤らと話し合った!』
デイリースポーツ 2010.5.26『本田“脱エゴイスト”宣言…対話路線へ』



legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 18:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予想@〜南半球初のW杯

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー



 いよいよ、5時間後にワールドカップ開幕。ということで、独断と偏見で今回のワールドカップを予想します。



◆南半球、高地、組み合わせ&日程
 今回のW杯のポイントの1つが、南半球開催ということになります。南半球の6月は、これから冬に突入という時期。従って、過去と異なるのは気温が低いということです。基本的にW杯が荒れる条件の1つは、暑すぎるということがあります。番狂わせが相次いだ94年や02年に場合は、灼熱、もしくは高温多湿という環境条件の影響で、コンディションに難のあった強豪が脱落し、強力ストライカーを擁した中盤省略型チームが台頭しました。日本では「寒い季節は走るチームが有利!」という恐ろしいぐらい楽観的な声がありますが、今回は欧州開催型のW杯で、戦術や技術といった総合力が問われるのではないでしょうか?

[サッカーショップ加茂]2010ワールドカップ関連商品


◆高地
 ただ、もし荒れる要素があるとすれば、高地というところでしょうか?W杯が開催される9つのスタジアムのうち、平地にあるのはダーバン、ポートエリザベス、ケープタウンのみで、ネルスブロイトは660m、その他の5つは1200m以上の高地となります。過去の南米予選で、ボリビアやエクアドルが大金星をあげることも多いので、この点は波乱要因として抑えておきたいところです。ただ、それでも、強力ストライカーを擁した中盤省略型チームが台頭する可能性はあっても、薄い空気の中で走り回るチームが勝てるという根拠にはならないでしょう。

転職はDODA


◆組み合わせと日程
 もう1つ忘れてはならないことが、開催国有利の日程と組み合わせです。今回は開催国の南アフリカがAグループに入っているため、グループリーグの組み合わせは軽い上、決勝トーナメントに入ってからも余裕のある日程です。そして、意外と見落としがちなことが、ベスト16を見据えてBグループも組み合わせが楽で、日程も同条件にあるということです。そして、これと対照的に貧乏くじをひいた形となっているのが、GグループとHグループです。これは、次のところで説明しましょう。

パチンコ 転職


【World Cup 遠藤関連記事】
日刊スポーツ 2010.5.25『岡ちゃん進退伺「申し訳ない」/親善試合』
スポニチ 2010.5.25『遠藤、ボールに触れずリズムつくれず交代』
デイリースポーツ 2010.5.25『岡田監督が進退伺…完敗後に放り投げ発言』

ヘアケア 商品


スポニチ 2010.5.24『韓国は「遠藤、稲本、俊輔、本田」を警戒』
スポニチ 2010.5.24『俊輔 FK役割分担は“3人で話し合う”』
スポーツ報知 2010.5.24『遠藤好感触FKでも高さ対策万全…G大阪』
サンケイスポーツ 2010.5.24『遠藤、W杯を見据え守備の確認に重点』
デイリースポーツ 2010.5.24『遠藤、代役MFの韓国戦で主役になる』



日刊スポーツ 2010.5.23『遠藤“新型コロコロ”動き止めずにPK』
スポニチ 2010.5.23『遠藤がサイドの起点に「迫力ある攻撃を」』
スポーツ報知 2010.5.23『遠藤、日韓戦は「旧友」朴を警戒…G大阪』
サンケイスポーツ 2010.5.23『脱コロコロ!遠藤、W杯はズバッとPK』
デイリースポーツ 2010.5.23『遠藤左MFテスト!W杯へ攻撃的新布陣』

アンチエイジング


日刊スポーツ 2010.5.21『遠藤代表FKの「まとめ役」になる』
日刊スポーツ 2010.5.21『遠藤調整役FK狙いやすい場所把握してる』
スポニチ 2010.5.21『G大阪・遠藤、心技体充実 きょうから日本代表合宿』
スポニチ 2010.5.21『“コロコロ”ダメでも遠藤は柔軟に対応』
スポーツ報知 2010.5.21『南アW杯からルール厳格化も遠藤PK心配なし…G大阪』
サンケイスポーツ 2010.5.21『俊輔が10番、本田は18番 代表の背番号発表!』

脱毛器


日刊スポーツ 2010.5.20『MF遠藤コロコロPK禁止?ルール厳格化』
スポニチ 2010.5.20『G大阪・遠藤“コロコロPK”は反則!?W杯から厳格化』
スポニチ 2010.5.20『遠藤の“コロコロPK”W杯では反則に?』
デイリースポーツ 2010.5.20『EXILEの新曲PVに岡ちゃん出演!』



デイリースポーツ 2010.5.19『MF遠藤保仁「ドイツの時より強い」』



スポニチ 2010.5.18『森島氏らが代表への思い語る 大阪でイベント開催』
スポニチ 2010.5.18『即戦力サポートメンバーの“岡田構想”崩れる』
スポーツ報知 2010.5.18『酒井、香川、山村、永井がW杯帯同…サポートメンバー カズは落選』





legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 18:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

ガンバ大阪2010年シーズン〜今年も殺人スケジュール

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



2010シーズン日程
1月29日(金)
 新体制発表(練習なし)
1月30日(土)、31日(日)
 体力測定



2月 1日(月)
 練習@万博
2月 2日(火)
 グアムキャンプ出発
2月 2日(火)19:10
 国際親善試合 日本代表VSベネズエラ代表@九石ドーム

2月 3日(水)
 グアムキャンプ@レオパレスリゾート スタート
2月 6日(土)19:15
 第4回東アジアサッカー選手権2010 日本代表VS中国代表@味スタ

2月 8日(月)16:00
 プレシーズンマッチ 大宮@レオパレスリゾート
2月10日(水)16:00
 プレシーズンマッチ 柏@レオパレスリゾート
2月11日(木)19:15
 第4回東アジアサッカー選手権2010 日本代表VS香港代表@国立

2月12日(月)16:00
 プレシーズンマッチ 柏@レオパレスリゾート
2月13日(土)
 第2次グアムキャンプ帰国
 ※2/14〜15はOFF。
2月14日(日)19:15
 第4回東アジアサッカー選手権2010 日本代表VS韓国代表@国立

2月16日(火)
 国内練習@万博練習場 スタート
2月18日(木)
 ガンバ大阪ファンの集い
2月19日(金)13:00
 プレシーズンマッチ 関西学生選抜@万博練習場
2月24日(水)19:30
ACL1次リーグ第1節 水原三星@水原
2月27日(土)13:35
 ゼロックススーパーカップ 鹿島@国立



3月 3日(水)19:00
 アジアカップ2011最終予選第6節 日本代表VSバーレーン代表@豊田

3月 6日(土)19:00
 J1リーグ第1節 名古屋@万博
3月10日(水)19:00
 ACL1次リーグ第2節 河南建業 万博 19:00 テレ朝、BS朝日
3月14日(日)16:00
 J1リーグ第2節 C大阪@長居
3月20日(土)16:00
 J1リーグ第3節 新潟@万博
3月23日(火) 未定
 ACL1次リーグ第3節 プレーオフ勝者@未定
3月28日(日)17:00
 J1リーグ第4節 仙台@万博
3月31日(水)19:00
 ACL1次リーグ第4節 プレーオフ勝者@万博



4月4日(日)14:00
 J1リーグ第5節 磐田@ヤマハ
4月 7日(水)19:20
 国際親善試合 日本代表VSセルビア代表(未定)@長居

4月10日(土)14:00
 J1リーグ第6節 大宮@NACK
4月13日(火)19:00
 ACL1次リーグ第5節 水原三星@万博
4月17日(土)14:00
 J1リーグ第7節 清水@万博
4月24日(土)17:00
 J1リーグ第8節 FC東京@万博
4月27日(火)20:00
 ACL1次リーグ第6節 河南建業@鄭州



5月 1日(土)16:00
 J1リーグ第9節 鹿島@カシマ 16:00
5月 5日(祝)19:00
 J1リーグ第10節 川崎@万博
5月11日(火)or12日(水)未定
 ACLラウンド16 未定@未定
5月16日(日)19:00
 J1リーグ第12節 湘南@平塚
5月24日(月)19:20
 国際親善試合 日本代表VS韓国@埼玉

5月30日(日)未定
 国際親善試合 イングランド代表(未定)VS日本代表@オーストリア/グラーツ




6月14日(月)16:00
 ワールドカップ2010予選リーグ 日本代表VSカメルーン代表@ブルームフォンティーン

6月19日(土)13:30
 ワールドカップ2010予選リーグ 日本代表VSオランダ代表@ダーバン

6月24日(木)20:30
 ワールドカップ2010予選リーグ 日本代表VSデンマーク代表@ラステンバーグ

6月28日(月)or29日(火)未定
 ワールドカップ2010決勝トーナメントラウンド16 未定@未定




7月 2日(金)or 3日(土)未定
 ワールドカップ2010決勝トーナメント準々決勝 未定@未定

7月 6日(火)or 7日(水)未定
 ワールドカップ2010決勝トーナメント準決勝 未定@未定

7月10日(土)未定
 ワールドカップ2010決勝トーナメント3位決定戦 未定@未定

7月11日(日)未定
 ワールドカップ2010決勝トーナメント決勝 未定@未定

7月14日(水)19:00
 J1リーグ第11節 京都@万博
7月18日(日)18:00
 J1リーグ第13節 浦和@万博
7月24日(土)19:00
 J1リーグ第14節 横浜FM@日産
7月28日(水)19:00
 J1リーグ第15節 神戸@ホームズ



8月 1日(日)18:00
 J1リーグ第16節 モンテディオ山形@金沢
8月 7日(土)19:00
 J1リーグ第17節 広島@広島ビッグ
8月14日(土)19:00
 J1リーグ第18節 仙台@ユアスタ
8月17日(火)19:00
 J1リーグ第19節 鹿島@万博
8月22日(日)19:00
 J1リーグ第20節 名古屋@瑞穂
8月29日(日)18:00
 J1リーグ第21節 磐田@万博



9月 1日(水)未定
 ナビスコカップ準々決勝1st-leg 未定@未定
9月 8日(水)未定
 ナビスコカップ準々決勝2nd-leg 未定@未定
9月11日(土)未定
 J1リーグ第22節 新潟@東北電力
9月15日(水)未定
 ACL準々決勝1st-leg 未定@未定
9月18日(土)or19日(日)未定
 J1リーグ第23節 C大阪@万博
9月22日(水)未定
 ACL準々決勝2nd-leg 未定@未定
9月25日(土)or26日(日)未定
 J1リーグ第24節 川崎@等々力
9月29日(水)未定
 ナビスコカップ準決勝1st-leg 未定@未定



10月 2日(土)未定
 J1リーグ第25節 山形@NDスタ
10月 5日(火)or 6日(水)未定
 ACL準決勝1st-leg 未定@未定
10月10日(日)未定
 ナビスコカップ準決勝2nd-leg 未定@未定
10月16日(土)未定
 J1リーグ第26節 大宮@万博
10月20日(水)未定
 ACL準決勝2nd-leg 未定@未定
10月24日(日)未定
 J1リーグ第27節 京都@西京極
10月27日(水)未定
 J1リーグ第30節 予備日
10月30日(土)未定
 J1リーグ第28節 神戸@万博

10月 2日(土)〜10月17日(日)
 アジアユースU-16選手権2010@未定
 ※上位4ヶ国がU-17ワールドカップへ




11月 3日(祝)未定
 ナビスコカップ決勝 未定@未定
11月 6日(土)未定
 J1リーグ第29節 FC東京@味の素
11月12日(土)or13日(日)未定
 ACL決勝 未定@未定
11月14日(日)未定
 J1リーグ第30節 広島@万博
 ※AFCチャンピオンズリーグ決勝進出なら10月27日に変更
11月20日(土)未定
 J1リーグ第31節 浦和@埼玉
11月23日(祝)未定
 J1リーグ第32節 湘南@万博
11月27日(土)未定
 J1リーグ第33節 横浜FM@万博

11月 1日(月)〜11月16日(火)
 アジアユースU-19選手権2010@未定
 ※上位4ヶ国がU-20ワールドカップへ




12月 4日(土)未定
 J1リーグ第34節 清水@アウトソーシング
12月12日(日)or19日(日)未定
 天皇杯準々決勝 未定@未定
12月29日(水)
 天皇杯準決勝 未定@未定

12月中旬
 FIFAクラブ ワールドカップUAE2010@UAEアブダビ
 ※欧州1、南米1、アジア1、アフリカ1、北中米カリブ1、オアセアニア1、開催国1




1月 1日(祝)13:00
 第90回天皇杯・全日本サッカー選手権決勝 未定@国立



【関連記事】
デイリースポーツ 2010.2.4『鹿島は3・6浦和と開幕戦 J今季日程発表』

無印良品ネットストア


スポーツ報知 2010.1.24『ダービー勝て!日本ハムオーナーが厳命…C大阪』



日刊スポーツ 2010.1.20『3・6J開幕は2季連続鹿島vs浦和』
スポニチ 2010.1.20『C大阪ホーム開幕は3・14“大阪ダービー”に決定』
スポニチ 2010.1.20『J1 2季連続「鹿島VS浦和」で開幕』
毎日 2010.1.20『サッカー:J1開幕カード、鹿島は2年連続浦和−−3月6日』



スポーツ報知 2010.1.19『2季連続で鹿島―浦和…J1、J2開幕戦』
朝日 2010.1.19『Jリーグ、本拠開幕カードを発表 鹿島は浦和と』



スポニチ 2010.1.16『G大阪“元日決戦”再現だ!J開幕は名古屋と激突』



スポーツ報知 2010.1.14『ホーム開幕戦が大阪ダービー!!…C大阪』



legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 16:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ガンバ大阪移籍動向(2009−2010)

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)




GK
河田晃兵/福岡大学→ガンバ大阪へ新加入(発表済)
松代直樹/引退(濃厚)
木下正貴/ロアッソ熊本へ完全移籍(発表済)

転職サイトDODAで転職


【Check Point】
 ここ数年は、藤ヶ谷、松代のほぼ2人が出場してきたGK陣であったが、2番手GK松代がコーチ就任を打診され、元日の天皇杯の試合後に引退を表明した。新たな補強は、今のところ、天皇杯で対戦した福岡大学の河田のみ。ガンバ大阪フロントが「若返り」を方針を出しているだけに、2番手GKを木村と河田で争うことになるか。
 一方、今シーズン、ロアッソ熊本にレンタル移籍していた木下は、来シーズンから完全移籍することとなった。ロアッソ熊本でも22試合出場と若手としてはなかなかの成績を残したことが評価された格好。来期は柏レイソルで長年活躍した南が加入するが、正GKを獲得できるように頑張って欲しい。

ディップはたらこねっと


【関連記事】
ガンバ大阪HP 2009.11.16『福岡大学GK河田晃兵選手 2010年ガンバ大阪新加入選手として仮契約』
スポニチ 2010.1.23『G大阪新加入GKの卒論は「Jリーグのクラブ経営」』
デイリースポーツ 2010.1.23『G大阪新人・河田の野望』
日刊スポーツ 2009.11.16『G大阪が福岡大の河田と仮契約』




ガンバ大阪HP 2010.1.1『GK松代直樹選手 今季にて現役引退』
読売 2010.1.3『G大阪・松代が引退』
日刊スポーツ 2010.1.1『GK松代が引退表明、笑顔でサヨナラ』
スポニチ 2010.1.1『眠れなかった日も…松代、満足の引退』
日刊スポーツ 2009.12.6『G大阪GK松代が今季限り退団へ』



ガンバ大阪HP 2009.12.17『GK 木下正貴選手 2010年シーズンよりロアッソ熊本へ完全移籍のお知らせ』
ロアッソ熊本HP 2009.12.16『木下 正貴選手、完全移籍加入のお知らせ』
サンケイスポーツ 2009.12.16『G大阪の木下がJ2熊本に完全移籍』

Web求人はデジタルスケープ


DF
高木和道/残留(濃厚)
山口智/残留(濃厚)
パク・ドンヒョク/柏レイソルへ完全移籍(発表済)
丹羽大輝/アビスパ福岡へのレンタル移籍が延長(発表済)

転職情報


【Check Point】
 鳴り物入りで入団も、シーズン終盤まで出番のなかった高木に、名古屋へのレンタル移籍話が浮上したが、左SBでのレギュラー定着や妻の関西志向の強さから残留が濃厚となった。なお、高木獲得を断念した名古屋は、浦和レッズの田中マルクス闘利王らを獲得している。また、監督の去就問題の不透明さや、フロントからの信頼の薄さに不満を抱いていると報道された山口智は、西野朗監督の契約更新に伴い、ほぼ残留が確定している。
 一方、今シーズン途中から柏レイソルへレンタル移籍していたパク・ドンヒョクは、新天地でレギュラーを獲得したこともあり、来シーズンから完全移籍することが決まった。

転職


【関連記事】
スポーツ報知 2009.12.19『高木が残留、移籍は条件合わず…G大阪』
スポニチ 2009.11.24『名古屋が闘莉王獲り参戦!高木はレンタルで』

キャリアアップ


スポニチ 2009.11.12『G大阪・山口&明神、残留のカギは指揮官の進退』
スポーツ報知 2009.11.12『西野監督の去就待ち、山口と明神保留…G大阪』

測量 求人


ガンバ大阪HP 2009.11.25『DFパクドンヒョク選手 柏レイソルへ完全移籍』
スポーツ報知 2009.11.25『パク、G大阪から柏に完全移籍』




ガンバ大阪HP 2010.1.12『DF丹羽大輝選手 アビスパ福岡へ期限付き移籍延長』
日刊スポーツ 2010.1.12『福岡DF丹羽のG大阪期限付き移籍延長』



MF
寺田紳一/横浜FCへレンタル移籍(発表済)
倉田秋/ジェフユナイテッド千葉へレンタル移籍(発表済)
家長昭博/セレッソ大阪へレンタル移籍(発表済)
横谷繁/レンタル先の愛媛FCから復帰(発表済)
明神智和/残留(濃厚)
ダニルソン(札幌)/獲得失敗(濃厚)



【Check Point】
 MFの移籍話は、年明けに急進展。大分トリニータにレンタル移籍していた家長は、当初ガンバへの復帰話が伝えられたが、2009年の年末にセレッソ大阪がオファー。家長本人が西野監督との確執を抱えていることもあり、大阪ダービー場外バトルは、セレッソ大阪に軍配があがった。また、出場機会が激減している寺田紳一は、当初から「移籍先は未定だがレンタル移籍が濃厚となっている」(関係者談)ということで、大分トリニータへのレンタル移籍話が浮上していたが、結局は、若手育成に定評がある岸野氏が監督に就任した横浜FCへのレンタル移籍が決まった。さらに、寺田と共に移籍が濃厚となっていた倉田秋は、ジェフユナイテッド千葉へのレンタル移籍が決定。ガンバ大阪が若返りの方針を出しているが、MFに関しては有望な若手が流出するという皮肉な結果となってしまった。
 これに対して、レンタル先の愛媛FCで一定の活躍を見せていた横谷繁のガンバ大阪復帰が決定した。ベテラン勢では、西野朗監督の去就次第で移籍もと噂された明神智和は、残留が濃厚となっている。
 一方、ガンバ大阪と名古屋グランパスの間で競合していた札幌のMFダニルソンについては、結局名古屋グランパスへのレンタル移籍で決着した。

扶養 パート


【関連記事】
スポニチ 2009.11.12『G大阪・山口&明神、残留のカギは指揮官の進退』
スポーツ報知 2009.11.12『西野監督の去就待ち、山口と明神保留…G大阪』
スポーツ報知 2009.11.4『明神に契約延長打診…G大阪』




ガンバ大阪HP 2010.1.7『MF寺田紳一選手 2010年シーズン 横浜FCへ期限付き移籍』
産経 2010.1.16『【J2】横浜FC、J1復帰へ意気込み』
日刊スポーツ 2010.1.8『G大阪MF寺田が横浜FCへ期限付き移籍』
スポニチ 2010.1.7『横浜FCが柳沢、寺田を獲得』
スポーツ報知 2009.10.31『来季J1復帰へG大阪・寺田に白羽の矢…大分』



ガンバ大阪HP 2010.1.5『MF倉田秋選手 2010年シーズン ジェフ千葉へ期限付き移籍』
日刊スポーツ 2010.1.17『千葉江尻監督J1復帰へ「走り続ける」』
毎日 2010.1.6『サッカー:Jリーグ情報 ガ大阪 5日』
日刊スポーツ 2010.1.5『J2降格の千葉が名古屋MF山口ら獲得』



ガンバ大阪HP 2010.1.6『MF横谷繁選手 2010年シーズンよりガンバ大阪に復帰決定』
日刊スポーツ 2010.1.6『J2愛媛にレンタルの横谷がG大阪に復帰』



ガンバ大阪HP 2010.1.8『MF家長昭博選手 2010年シーズン セレッソ大阪へ期限付き移籍』
サンケイスポーツ 2010.1.26『C大阪が全体練習を開始…家長「優勝争い」』
日刊スポーツ 2010.1.25『C大阪が全体練習開始、J1でV争いを』
スポニチ 2010.1.25『C大阪 新戦力MF「優勝争いを演じられるように」』
スポニチ 2010.1.22『C大阪・家長「チームの力になる」雨中の本格始動』
スポーツ報知 2010.1.22『家長ホーム開幕戦3・14大阪ダービー活躍誓う…C大阪』
日刊スポーツ 2010.1.9『C大阪、大分家長獲得で代表経験者5人に』
スポニチ 2010.1.9『C大阪、G大阪・家長を獲得!大阪ダービー白熱や』
デイリースポーツ 2010.1.9『G大阪・家長、C大阪に期限付き移籍』
読売 2010.1.9『家長がC大阪に期限付き移籍』
日刊スポーツ 2010.1.4『C大阪香川移籍にらみ家長ら獲得候補に』
日刊スポーツ 2009.12.26『C大阪が播戸&家長獲りに自信あり』
スポーツ報知 2009.12.26『大分・家長獲得へ正式オファー…C大阪』
日刊スポーツ 2009.12.24『大分家長獲りにGとCが大阪対決』
日刊スポーツ 2009.12.24『C大阪が大分家長獲り 播戸とWで狙う』
日刊スポーツ 2009.12.20『G大阪が若返り策第1弾で家長呼び戻す』




日刊スポーツ 2009.12.5『札幌ダニルソンが名古屋へ期限付き移籍へ』




FW
ゼ・カルロス/ポルトゲーザからガンバ大阪へ加入(?)
ドド/愛媛FCからガンバ大阪へ加入(?)
ホルジェス/サンパウロからガンバ大阪 or セレッソ大阪へ加入(?)
ワシントン/サンパウロからガンバ大阪へ加入(?)
チョ・ジェジン/中東クラブへ移籍(?)
播戸竜二/セレッソ大阪へ移籍(発表済)
前田雅文/ザスパ草津へ完全移籍(発表済)
岡本英也/アビスパ福岡へ完全移籍(発表済)
前田遼一(磐田)/獲得失敗(濃厚)

転職サイト


【Check Point】
 ガンバ大阪が狙う大物は2人。サンパウロ所属のボルジェス(元ベガルタ仙台)は、家長と同じく、セレッソ大阪との争奪戦となっている。もう1人のゼ・カルロスは、全北現代に所属した2006年にACL制覇に貢献。フィジカル、乱闘に強い大型ストライカー。故障がちのチョ・ジェジン放出が規定路線であれば、獲得の可能性はある。このほかに、若手外国人ストライカーのドド獲得の噂も出ている。なお、昨年オファーを出していた2009年のJリーグ得点王の前田は、ジュビロ磐田に残留することが決定し、獲得に失敗した。
 一方、11月4日に自身のブログでガンバ大阪退団を報告した播戸は、セレッソ大阪への移籍が決定。さらに、2008年のACLや2009年の天皇杯獲得の立役者だった山崎が、Jリーグ4位のサンフレッチェ広島へのレンタル移籍が決定した。また、2008年〜2009年にかけて、ヴァンフォーレ甲府にレンタル移籍していた前田雅文は、来シーズンからザスパ草津へ完全移籍することが決定。ゴール前でのトリッキーなプレイを得意とし、Jリーグ通算1万ゴールを挙げて脚光を浴びたストライカーだったが、大怪我をしてからは故障に泣かされていた。元々、西野監督からなかなか起用されず、出場機会を求めてのレンタル移籍だったこともあり、今シーズン限りで戦力外となっていた。この他に、レンタル先のアビスパ福岡でMFとしても起用されていた岡本は、来シーズンの完全移籍が決まった。

派遣の仕事


【関連記事】
日刊スポーツ 2010.1.19『G大阪“暴れん坊”FWゼ・カルロス獲得』
デイリースポーツ 2010.1.19『G大阪がブラジル人2人獲得発表』
日刊スポーツ 2010.1.18『G大阪がドドらブラジル人FW2人を獲得』
スポニチ 2010.1.18『G大阪“V請負人”ブラジル人カルテット27日来日』
スポニチ 2010.1.18『G大阪がドド&ゼカルロスのブラジルコンビ獲得』
日刊スポーツ 2009.12.27『G大阪“武闘派”FWゼ・カルロスを獲得』

パート求人


デイリースポーツ 2010.1.19『G大阪がブラジル人2人獲得発表』
日刊スポーツ 2010.1.18『G大阪がドドらブラジル人FW2人を獲得』
スポニチ 2010.1.18『G大阪“V請負人”ブラジル人カルテット27日来日』
スポニチ 2010.1.18『G大阪がドド&ゼカルロスのブラジルコンビ獲得』
日刊スポーツ 2009.12.21『G大阪が若返り策で19歳愛媛FWドド獲り』



スポニチ 2009.12.11『G大阪“ダービー前哨戦”C大阪と助っ人争奪戦だ』
スポニチ 2009.12.11『標的はワシントン!G大阪がFW補強に動く』



ガンバ大阪HP 2010.1.5『FW山崎雅人選手 2010年シーズン サンフレッチェ広島へ期限付き移籍』
読売 2010.1.13『ACLも優勝狙う…サンフレッチェ山崎選手ら抱負』
スポーツ報知 2010.1.11『新加入山崎VIP待遇、合流は宮崎キャンプ…広島』
スポニチ 2010.1.10『カウンターの起点に…広島GK西川が抱負』
スポーツ報知 2010.1.10『山崎&山岸がACLへ助言…広島』
スポーツ報知 2010.1.9『新入団の5人が会見…広島』
日刊スポーツ 2010.1.6『G大阪山崎が広島へ「大舞台で会おう」』
デイリースポーツ 2010.1.6『G大阪の“ACL男”山崎が広島移籍』
毎日 2010.1.6『サッカー:Jリーグ情報 ガ大阪 5日』
日刊スポーツ 2010.1.5『G大阪山崎が広島に期限付き移籍』
スポーツ報知 2010.1.3『広島がACL男・山崎獲得へ…本人前向き』

資格


ガンバ大阪HP 2010.1.5『FW播戸竜二選手 セレッソ大阪へ完全移籍』
日刊スポーツ 2010.1.26『C大阪最年長播戸が若手に闘魂注入だ!』
スポニチ 2010.1.26『ランニングでは先頭突っ走った“新鮮力”播戸』
スポーツ報知 2010.1.26『播戸“寮飯”で親睦…C大阪』
サンケイスポーツ 2010.1.26『C大阪が全体練習を開始…家長「優勝争い」』
デイリースポーツ 2010.1.26『播戸“熱血講習”突撃!若手の晩ご飯』
日刊スポーツ 2010.1.25『C大阪が全体練習開始、J1でV争いを』
スポニチ 2010.1.25『C大阪 新戦力MF「優勝争いを演じられるように」』
日刊スポーツ 2010.1.24『C大阪播戸、代表復帰へ乾らに協力要請』
毎日 2010.1.8『サッカーマインド:楽しみな新天地=播戸竜二』
スポーツ報知 2010.1.7『播戸に背番「11」空けて待ってる…C大阪』
日刊スポーツ 2010.1.6『播戸C大阪移籍発表!魅惑の3トップ結成』
スポニチ 2010.1.6『C大阪、G大阪FW播戸獲得を発表「感謝している」』
スポーツ報知 2010.1.6『C大阪移籍発表!播戸が熱い思い激白』
デイリースポーツ 2010.1.6『G大阪退団の元代表・播戸、C大阪入り』
読売 2010.1.6『播戸、C大阪へ完全移籍』
日刊スポーツ 2010.1.5『G大阪退団播戸をC大阪が獲得』
日刊スポーツ 2010.1.5『C大阪が播戸獲得を正式発表へ』
朝日 2010.1.5『J1ガ大阪からセ大阪へ FW播戸、完全移籍』
毎日 2010.1.5『サッカー:J1 ガ大阪・播戸、セ大阪に移籍』
日刊スポーツ 2010.1.1『元日本代表FW播戸がC大阪入りを決断』
日刊スポーツ 2009.12.26『C大阪が播戸&家長獲りに自信あり』
日刊スポーツ 2009.12.24『大分家長獲りにGとCが大阪対決』
日刊スポーツ 2009.12.24『C大阪が大分家長獲り 播戸とWで狙う』
デイリースポーツ 2009.12.10『G大阪・播戸 C大阪のオファー認める』
日刊スポーツ 2009.12.7『C大阪がG大阪退団の播戸獲り』
日刊スポーツ 2009.11.6『G大阪播戸、移籍先にこだわりなし』
スポニチ 2009.11.6『G大阪・播戸“全クラブOK”移籍先へのこだわりなし』
スポニチ 2009.11.6『「必要とされるなら」播戸J2もOK』
スポーツ報知 2009.11.6『播戸、全クラブ移籍OK!…G大阪』
日刊スポーツ 2009.11.5『G大阪播戸が今季限り退団を電撃発表』
日刊スポーツ 2009.11.5『播戸G大阪退団 出場機会求め移籍先探す』
スポニチ 2009.11.5『G大阪・播戸、出場機会求め移籍へ ブログで発表』
スポニチ 2009.11.5『播戸「次へのステップの時期」G大阪退団』
スポーツ報知 2009.11.5『来季G大阪構想外「魂のFW」播戸獲得へ…C大阪』
デイリースポーツ 2009.11.5『播戸がG大阪退団 出場機会求め新天地へ』
読売 2009.11.5『G大阪・播戸今季限り退団』
毎日 2009.11.5『サッカー:J1 ガ大阪・播戸が移籍へ』
スポニチ 2009.11.4『G大阪の播戸 契約延長せずとブログで発表』
サンケイスポーツ 2009.11.4『元日本代表FW播戸、G大阪と契約延長せず 』
毎日 2009.11.4『J1ガ大阪:FW播戸が移籍へ…出場機会求めて決意』
播戸竜二オフィシャルブログ 2009.11.4『報告。』



ガンバ大阪HP 2009.12.25『FW 前田雅文選手 2010年シーズンよりザスパ草津へ完全移籍のお知らせ』
スポーツ報知 2009.12.25『草津がG大阪・前田を獲得』



ガンバ大阪HP 2010.1.6『FW岡本英也選手 アビスパ福岡へ完全移籍』
アビスパ福岡HP 2009.12.25『岡本 英也 選手 契約更新(完全移籍)についてのお知らせ』
サンケイスポーツ 2009.12.25『G大阪・岡本が福岡に完全移籍』



日刊スポーツ 2009.12.10『前田、G大阪獲得オファーも磐田残留』
日刊スポーツ 2009.12.10『前田が磐田残留、柳下監督も一安心』
スポニチ 2009.12.10『7クラブ振った…得点王・前田が磐田残留』
スポーツ報知 2009.12.10『G大阪などに断り、前田が残留…磐田』
サンケイスポーツ 2009.12.9『今季得点王の前田、磐田に残留の意思固める』
日刊スポーツ 2009.11.26『清水がG大阪に続き前田獲得に乗り出す』
日刊スポーツ 2009.11.26『岡崎と夢の2トップ!?清水が磐田前田獲り』
スポニチ 2009.11.25『横浜も“得点王”前田獲り!G大阪と争奪戦』
日刊スポーツ 2009.11.23『G大阪前田獲りACL奪冠へ大型補強着々』
日刊スポーツ 2009.11.23『磐田新旧エース流出危機 前田にオファー』




スタッフ
西野朗/2年契約を更新(発表済)
ジェルソン/アルビレックス新潟からガンバ大阪へ加入(濃厚)
松波正信/トップコーチへ昇格(発表済)



【Check Point】
 ジェルソンコーチは、アルビレックス新潟での実績を買われての入団。教え子の北野が、ジェルソンコーチと同時退団していることを考えると、人望もあった模様。木村、河田らの若手が多いGK陣の育成も期待できるか。



【関連記事】
日刊スポーツ 2009.11.25『西野監督、契約途中でも日本代表監督OK』
日刊スポーツ 2009.11.25『G大阪西野監督に浦和から打診あった』
スポニチ 2009.11.25『G大阪、西野監督の続投発表“愛弟子”も残留濃厚』
スポニチ 2009.11.25『西野監督続投も…G大阪社長“代表転身”OK』
スポーツ報知 2009.11.25『西野“10年”監督、最長記録を更新…G大阪』
サンケイスポーツ 2009.11.25『G大阪、2年契約で西野監督の続投決定』
デイリースポーツ 2009.11.25『G大阪・西野監督、2年延長を正式決定』
読売 2009.11.25『西野G大阪監督、世代交代視野に』
ガンバ大阪HP 2009.11.25『西野朗監督との契約更新について』
日刊スポーツ 2009.11.24『G大阪の西野監督が契約更新』
日刊スポーツ 2009.11.24『G大阪が西野監督続投を正式発表』
読売 2009.11.24『G大阪、西野監督との契約更新発表』
朝日 2009.11.24『ガ大阪、西野監督が続投 新たに2年契約』
スポニチ 2009.11.21『西野監督“来季続投”週明け24日にも正式発表!』
日刊スポーツ 2009.11.20『G大阪西野監督9年目へ来季続投近く発表』
スポニチ 2009.11.20『G大阪・西野監督、来季続投へ“J最長”9年目突入』
スポニチ 2009.11.20『「思いが一致」西野監督20日にも続投発表』
スポーツ報知 2009.11.20『西野監督、来季も続投…G大阪』
サンケイスポーツ 2009.11.20『G大阪・西野監督、来季の続投が確実に』
デイリースポーツ 2009.11.20『G大阪・西野監督、続投確実…正式発表へ』
読売 2009.11.20『G大阪・西野監督続投、9年目へ』
日刊スポーツ 2009.11.16『G大阪西野監督2年間の契約延長受諾へ』
デイリースポーツ 2009.11.16『G大阪西野監督 去就は近日中に最終会談』
デイリースポーツ 2009.11.13『G大阪・西野監督 去就は近日中に結論』
デイリースポーツ 2009.11.12『G大阪・西野監督、続投まだ“検討中”』
ZAKZAK 2009.10.26『ガンバ西野監督が契約更新保留 代表指揮官に白羽 浦和もラブコール』
スポーツ報知 2009.11.2『西野監督、来季去就今週中にも決断…G大阪』




スポーツ報知 2010.1.19『GKコーチに前新潟・ジェルソン氏招へい…G大阪』
スポニチ 2009.12.7『G大阪、GKコーチに新潟・ジェルソン氏を招へいへ』




日刊スポーツ 2010.1.6『G大阪片野坂コーチ退団、後任に松波氏』
日刊スポーツ 2009.11.22『G大阪松波ユースコーチがトップ昇格へ』



ガンバ大阪HP 2010.1.5『コーチ 片野坂知宏氏 2009年シーズンにて契約満了により退団、サンフレッチェ広島コーチ就任のお知らせ』
日刊スポーツ 2010.1.6『G大阪片野坂コーチ退団、後任に松波氏』
スポニチ 2010.1.5『片野坂氏が“古巣”広島のコーチに就任』



ガンバ大阪HP 2010.1.5『GKコーチ マルキーニョス氏 2009年シーズンにて契約満了により退団のお知らせ』




ガンバ大阪HP 2010.1.5『韓国語通訳 高橋建登氏 2009年シーズンにて契約満了により退団のお知らせ』




legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 04:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ガンバに神風吹くか?〜逆転優勝を勝手にシミュレーション Part.2

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



3.勝ち点シミュレーション
勝ち点予測のシミュレーションは、以下の通り。

勝ち点67
 川崎:4勝0敗0分
勝ち点66
 鹿島:4勝0敗0分
勝ち点65
 川崎:3勝0敗1分
勝ち点64
 川崎:3勝1敗0分 鹿島:3勝0敗1分
勝ち点63
 川崎:2勝0敗2分 鹿島:3勝1敗0分 大阪:4勝0敗0分
勝ち点62
 川崎:2勝1敗1分 鹿島:2勝0敗2分 清水:4勝0敗0分
勝ち点61
 川崎:2勝2敗0分 鹿島:2勝1敗1分 大阪:3勝0敗1分
勝ち点60
 川崎:1勝0敗3分 鹿島:2勝2敗0分 大阪:3勝1敗1分 清水:3勝0敗1分





ガンバの最終勝ち点が最高となるのは、4連勝した場合の63。
これだと、川崎2勝2分、鹿島3勝1敗で追いつけるわけですが、これは可能性が低いシナリオ。
横浜戦を見た感じでは、おそらく1つぐらいは引き分けがありそうということと、
川崎が2勝2分ということは得失点差が少なくとも+22になっており、
これをガンバが逆転するには、千葉に4点差、京都に3点差、鹿島と清水に1点差で勝ちが必要。
ちょっとこれで優勝は難しいか。

ディズニー 通販


シナリオとして一番ありえるのは、勝ち点62のライン。
(京都○、清水△、鹿島○、千葉○というパターン)
これであれば、まず清水は勝ち点60で届かず。
鹿島が2勝1敗1分に終わると、勝ち点では並ぶものの、
鹿島は現在ガンバよりも得失点差で2下回り、
守備的なチームとの対戦を残しているので、
ガンバが得失点差で上回る可能性が高いと見てます。

中古マンション 購入


4.ジェフ千葉
最後に、川崎。
残りの対戦相手を考えると、2敗もするというのはありえなさそうですが、
1勝3分ぐらいであれば十分可能性あり。
そういう意味では、千葉戦が鍵を握りそう。
千葉は残留するためには勝ち点3が必要となるが、
ここで下手に攻撃的に出ると川崎のカウンターが炸裂する危険あり。
とにかく千葉は焦らずに、守って一発のカウンターに賭けられるかがポイント。

ここで、千葉がきっちりとドロー以上に持っていってもらえれば、
「過密日程+アウェイ」という厳しい条件の大分戦、
ホームとは言えACL出場権がかかっている新潟、
そしてアウェイの柏で1勝2分ぐらいは十分可能性があるはず。

婚活


5.自分自身との戦い
ただ、一番の問題はガンバなんかな。
PJフィットせず、高木の左SBなど、相変わらずの思いつき采配で連続ドロー。
高木のSBなどは、やろうと思えばもっと前に試せたんじゃないだろうか?
守備固めのオプションとしてはありだと思うけどね。

で、一番のネックはFWの人選。
先発FWは播戸か山崎でいいと思う。
特に、山崎。
昨年も絶体絶命の試合で、何度も得点を奪ってる。
ゴール前で駆け引きできるFWは、彼しかいないと思うし。
ここまで来たら、連携重視で先発メンバーを組んで欲しい。

もちろん、PJとチョジェジンも必要。
彼らは連携はないが、個人技で得点を奪う能力はある。
こういうムラ駆けの一発あるタイプは、どうせ使うなら、相手が疲れた後半だと思う。
鹿島か清水あたりで、こう着状態の時に出てきて活躍してくれれば・・・

Part.1へ戻る






キャリアジェットの仕事



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 14:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバに神風吹くか?〜逆転優勝を勝手にシミュレーション Part.1

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)




1.ナビスコカップの影響度
ナビスコカップは、伊丹出身の米本の活躍で、FC東京が勝利。

ただ、この結果は、ガンバにとってはちょっと厄介かなと思っています。
巷では「川崎がタイトル取ると勢いに乗ってリーグもとってしまうので、ナビスコ負けでよかった」という意見もあるけれど、それは違うような気がします。
人間は追い立てられないとやらない動物なんで、無冠でいるほうが逆にモチベーションが上がるんじゃないかと思いますね。

思い返すと、05年のガンバが「ナビスコ惜敗→Jリーグで初タイトル」にいけたのは、無冠だったからこそ最後に粘れたというところがあると思うので、できれば川崎には「ナビスコとって満足→Jリーグ失速」を期待してたんやけど。
(ただ、予想外の表彰式悪態騒動が起きたので、その影響がどう転ぶかますますわからなくなりましたが・・・)
ちなみにナビスコカップを獲得した07年のガンバは、終盤の追い上げが期待されたものの、勝ちきれずに3位に終わっています。

オークションデータ分析なら「オークデータ」


2.今後の日程
ということで、勝手にガンバ逆転優勝のシナリオをシミュレーション!
まず、日程は以下の通り。

11/ 8 Jリーグ第31節
 川崎→千葉@等々力
 鹿島→山形@カシマ
 大阪→京都@万博
 清水→柏@柏

11/11 天皇杯3回戦
 川崎→富山@等々力

11/14 天皇杯4回戦
 川崎→横浜@日産 ※11/11で勝ち抜いた場合
 鹿島→神戸@カシマ
 大阪→鳥栖@広島ビッグアーチ
 清水→甲府@鳥取

11/22・23 Jリーグ第32節
 川崎→大分@九石ドーム
 鹿島→京都@西京極
 大阪→清水@アウトソーシング
 清水→大阪@アウトソーシング

11/28・29 Jリーグ第33節
 川崎→新潟@等々力
 鹿島→大阪@カシマ
 大阪→鹿島@カシマ
 清水→横浜@日産

12/ 5 Jリーグ第34節
 川崎→柏@柏
 鹿島→浦和@埼玉
 大阪→千葉@万博
 清水→名古屋@アウトソーシング

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン


日程を見る限りでは、川崎は骨っぽい相手が新潟ぐらいしか残っていないですね。
これに対して、ガンバは鹿島、清水が残っているうえに、全てアウェイ。
ま、裏を返すと鹿島、清水は直接対決で叩いて上回る可能性があるんですが、川崎に関しては結果を待つしかない。
川崎が下位相手に取りこぼすミラクルと、ガンバが苦手のカシマ、日本平で勝利するというミラクルが必要です。

Part.2へ続く




☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 14:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

2009J1ラスト7試合〜史上最大の逆転劇なるか!? Part.2

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)





3.日程の壁
 得点力のある川崎、ガンバ、広島ならチャンスありと言いたいところがですが、日程を見るとやや苦しい状況となっています。
 個別に見ると、川崎でネックとなるのは過密日程。ACLでショッキングな敗退を喫した精神的ダメージがないかということと、ナビスコ決勝という余計なカードが残っているのが非常に痛いところ。先日のガンバ戦を見る限りでは、過密日程の影響が感じられるので、3位ではあるものの非常に厳しい状況です。

川崎
10/ 4 横浜@等々力
10/ 7 鹿島@カシマ
10/17 大宮@埼玉
10/25 広島@等々力
11/ 3 東京@国立
11/ 8 千葉@等々力
11/22 大分@九石ドーム
11/28 磐田@ヤマハ
12/ 5 柏@柏

デイトレード


 広島は10月にある清水、ガンバ、川崎と続く直接対決で出鼻をくじかれると、一気に脱落してしまいます。清水戦、川崎戦はアウェイ決戦。ガンバ戦はホームで迎えるも、向こうも近場の遠征という厳しい条件。ただし、ここで3連勝すると、チームが若いだけに一気に突っ走る可能性はあります。

広島
10/ 3 清水@アウトソーシング
10/17 大阪@広島ビッグ
10/25 川崎@等々力
11/ 8 大宮@NACK
11/21 名古屋@広島ビッグ
11/28 磐田@ヤマハ
12/ 5 京都@広島ビッグ

ディズニー 通販


 そして、いきなり鹿島、浦和との連戦を抱える新潟。川崎に加え、残留争いで目の色が変わっている柏を残しているだけに、ここで1敗もしないのは至難の業か。。。

新潟
10/ 4 鹿島@カシマ
10/17 浦和@東北電力
10/24 神戸@ホムスタ
11/ 8 磐田@ヤマハ
11/21 柏@柏
11/28 川崎@等々力
12/ 5 東京@東北電力

カレコ・カーシェアリングクラブ


4.ガンバに立ちはだかる代表の壁
 ガンバも広島、清水、鹿島との試合が全てアウェイだけに楽ではありません。さらに、10/8、10/10、10/12に代表3連戦があり、さらに11/18にもアウェイ香港での代表戦があります。今度は時差ぼけがないとは言え、頑なまでに固定メンバーにこだわる某監督の采配を考えると、ガンバには辛い日程。しかも、この代表戦が大事な大一番である広島戦、清水戦の前に組まれているという不運。勝ち点で不利な状況に立たされているガンバにとって、直接対決では必ず相手を叩かなければならないだけに、かなりのミラクルが必要です。(ただ、代表に関しては、鹿島や川崎はもっとひどい日程で合流させられるのですが・・・)

大阪
10/ 4 大宮@万博
10/17 広島@広島ビッグ 
10/24 横浜@万博
11/ 8 京都@万博
11/21 清水@アウトソーシング
11/28 鹿島@カシマ
12/ 5 千葉@万博



5.日本平の壁
 鹿島を見ると、楽そうに見えてそうでもない組み合わせ。千葉、柏とは、残留の可能性が残っている中での戦いなので、相手はかなり本気になってきます。さらに、シーズン終盤で、ガンバ、浦和という底力のあるチームが待ち受けています。京都・柳沢の恩返し弾というのも、大いに期待が持てます。

鹿島
10/ 4 新潟@カシマ
10/ 7 川崎@カシマ
10/17 磐田@ヤマハ
10/24 千葉@カシマ
11/ 8 山形@カシマ
11/21 京都@西京極
11/28 大阪@カシマ
12/ 5 浦和@埼玉

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン


 これに対して、圧倒的に有利なのが清水。地元アウトソーシングで4試合を残しています。アウトソーシングスタジアムは、旧称の日本平スタジアムですが、清水在住の友人曰く、「清水はわざと日本平の芝をぼこぼこにして、ホーム有利の状況を作っている」ということらしいです。これが本当ならば、荒れ馬場にパスサッカーの広島とガンバを迎えるホームは、清水が断然有利で、この2チームにとっては、最悪の状況で迎える試合となってしまいます。さらに、アウェイでも残留の可能性がほぼない大分と、これまた同じようなでこぼこスタジアムの九石ドームで戦えるという点でも有利です。

清水
10/ 3 広島@アウトソーシング
10/18 大分@九石ドーム
10/25 東京@アウトソーシング
11/ 8 柏@柏
11/21 大阪@アウトソーシング
11/29 横浜@日産
12/ 5 名古屋@アウトソーシング




6.最終節まで持ち込めば・・・
 状況的にはガンバが不利と言えますが、鹿島戦を終えた段階で、鹿島や清水と並んでいるか、勝ち点差が1や2の状態であれば、最後に差し切る可能性は十分あります。
 ガンバの対戦相手の千葉は、すでに山形との勝ち点差が7に拡大しており、この頃にはすでに降格となっている可能性が大です。そうなると、安全パイの試合運びが期待できます。
 これに対して、鹿島は浦和、清水は名古屋との1戦。それぞれ長年ライバルの関係にあるチームなので、消化試合でも手を抜かない可能性が大です。(清水はさらに優勝争いの経験が少ない不利もあります。)

 最後の最後になって、Jリーグ初期のお荷物御三家の援護射撃が、史上最大の逆転劇達成のために必要となりそうなのは、皮肉ではありますが・・・

Part.1へ戻る





☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 02:33| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009J1ラスト7試合〜史上最大の逆転劇なるか!? Part.1

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



 2009年のJ1も残すところ、あと7試合。一時は独走していた鹿島が失速し、まさかの大混戦。残りの7試合で抜け出すのは・・・。




1.順位表
 現在の順位表に、再試合となった鹿島VS川崎戦がそのままと仮定して、現在の順位表を組み替えると、以下の通りです。勝ち点だけではなく、得失点差も拮抗しています。

1位 鹿島 勝ち点/50 得点/38 失点/28 得失点差/10
2位 清水 勝ち点/49 得点/41 失点/27 得失点差/14
3位 川崎 勝ち点/46 得点/45 失点/32 得失点差/13
4位 大阪 勝ち点/46 得点/47 失点/35 得失点差/12
5位 広島 勝ち点/44 得点/44 失点/33 得失点差/11
6位 新潟 勝ち点/43 得点/38 失点/26 得失点差/12




2.今年の傾向
 今年の傾向としては、堅守のチームが見当たらないということがあります。守備が堅いといわれている清水でもすでに失点は27で、上位で最小失点の新潟でも26。1シーズン制となった2005年以降の優勝チームの失点は、2005年のガンバが58失点で突出している以外は、28失点(2006浦和)、36失点(2007鹿島)、30(2008鹿島)となっているだけに、今年は多少守備の緩さが目立っています。ちなみに、2007年の鹿島は北陸でガンバに5失点食らったということが響いての36失点です。2005年のガンバまではいかないまでも、守備力よりも攻撃力(得点力)がキーとなります。



 さらに、優勝チームの勝ち点を見てみると、上位の一騎打ちとなった2006年、2007年はそれぞれ72で、混戦となった2005年、2008年はそれぞれ60、63となっており、今年の混戦状態を考えると、60が1つのボーダーラインとなりそうです。このボーダーラインまで到達するのに必要な各チームの勝ち点は、以下の通り。

1位 鹿島 +10(3勝1分3敗、2勝4分1敗)
2位 清水 +11(3勝2分2敗、2勝5分)
3位 川崎 +14(4勝2分1敗)
4位 大阪 +14(4勝2分1敗)
5位 広島 +16(5勝1分1敗)
6位 新潟 +17(5勝2分)



 3位以下は1つ負けただけでも、脱落の崖っぷちに立つことになります。ミラクルのような数字を達成するために、必要なのは得点力。そういう意味では、新潟はシーズン途中にペドロ・ジュニオールを引き抜かれ、上位チームの中でも得点力がない部類に入るだけに、無敗で5勝を挙げるというのは、やや厳しいかも知れません。(PJを引き抜いたガンバは、うまいこと新潟を優勝圏内から引きずりおろすことに成功していると言えるでしょうね。)

Part.2へつづく





☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 02:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ガンバ大阪新スタジアム建設ラプソディ〜その1

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



1.高槻スタジアム(案)
 ガンバ大阪の新スタジアム建設騒動は、僕の記憶が正しければ2002年か2003年頃に、高槻市長の奥本氏が「高槻新スタジアム(案)」のアドバルーンをあげたのが最初だったと思います。高槻新スタジアムは、阪急高槻市やJR高槻から徒歩15分の距離にある京都大学農場跡地が候補地でした。高槻は阪急の特急やJRの新快速が停車する駅で、大阪の中心の梅田から電車で約20分というアクセスの良さから、サポーターの間でも期待されていましたが、市長選に当選して以降、何の音沙汰もありません。

 高槻市会議員・北岡まさひろ氏のHP『高槻ご意見番』によると、京都大学では農場跡地移転の議論もなされておらず、また建設予定地の土の中には遺跡が埋まっているようなので、この話は自然消滅のような形となっています。

アルバイト情報


【関連記事】
日刊スポーツ 2009.7.12『G大阪新スタジアム、万博敷地内に』
スポニチ 2009.7.12『ガンバ3万2000人新球場“構想発表”建設地未定』
スポーツ報知 2009.7.12『2011年完成、新スタジアム構想発表…G大阪』
読売 2009.7.12『ガンバ新スタジアム構想 完成後、地元に寄贈』
毎日 2009.7.12『サッカー:J1 ガ大阪、専用スタジアム建設構想』
朝日 2009.7.12『新スタジアムに協力を ガンバ大阪、サポーターに説明』

転職サイトはDODA


スポニチ 2009.7.11『G大阪が新競技場構想発表 大半寄付で約150億円』
サンケイスポーツ 2009.7.11『G大阪、試合前に『G−vision』現状報告』
ガンバ大阪HP 2009.7.11『「新スタジアム」建設にむけて』



スポーツ報知 2009.7.10『新スタジアムはエコ!国内最大級ソーラーパネル設置…G大阪』
読売 2009.7.10『G大阪がエコスタジアム計画、太陽熱給湯や雨水利用も』



日刊スポーツ 2009.7.9『G大阪新本拠地は全額寄付のみで建設へ』
スポーツ報知 2009.7.9『新スタジアム建設へ“カンパ大阪”!…G大阪』
デイリースポーツ 2009.7.9『G大阪新競技場建設費は寄付で』
読売 2009.7.9『J1・J2/ガンバ新スタジアム計画…客席屋根5000平方m発電パネル』



日刊スポーツ 2009.7.8『G大阪新本拠地建設費用は民間の寄付で』
朝日 2009.7.8『スタジアム建設費150億円、募金で調達へ ガンバ大阪』
読売 2009.7.7『G大阪、新スタジアム 資金にメド…万博公園内』

コンタクトレンズ


読売 2009.3.31『夢のスタジアム、建設推進へ欧州視察』



産経 2009.6.19『ガンバ大阪新スタジアムの経済効果 10年で960億円 関大・宮本教授試算』



読売 2008.7.18『ガンバ新スタジアム エキスポランドに建設計画』
朝日 2008.7.18『エキスポランドに新スタジアム ガンバ大阪が検討』





☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

二度あることは三度ある〜またもやCBが移籍

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



 本日、ガンバ大阪より、パク・ドンヒョクの柏レイソルへのレンタル移籍が発表された。ただ、これについては「本当に?」という驚きの声よりも、「またか・・・」や「それ見たことか」と思ったサポーターのほうが多いのではないでしょうか。

 そもそも、シーズン前から、山口智、中澤聡太のレギュラーCBに、日本代表(当時)だった高木和道、元韓国代表のパク・ドンヒョクを加えた4人体制にすることについては、不安視する声が大きかった記憶があります。(パクが右SBもできるという触れ込みだったことから、実質は3人と思われていたかもしれませんが・・・)

 ちなみに、2006年から2009年までのガンバ大阪CBのJリーグ出場試合数は、以下の通りです。

2006年
 山口 智  32試合
 宮本 恒靖 30試合
 シジクレイ 31試合
 青木 良太 6試合
 實好 礼忠 4試合
 入江 徹  3試合
 手島 和希 0試合



2007年
 山口 智  33試合
 シジクレイ 31試合
 青木 良太 4試合
 入江 徹  3試合
 中澤 聡太 2試合
 實好 礼忠 1試合



2008年
 山口 智  34試合
 中澤 聡太 30試合
 水本 裕貴 7試合
 福元 洋平 5試合



2009年
 山口 智  15試合
 中澤 聡太 9試合
 パク    9試合
 高木 和道 2試合




 3バックだった2006年は、レギュラーの宮本、山口、シジクレイが30試合超で、それ以外のサブは数試合のみ。4バックに切り替えた2007年からは、レギュラーCB枠が2人で、やはり控えはほとんど出場の機会がありません。

 そして、見逃せないのはACLに出場するシーズンで、他のクラブでレギュラーだったCBを大型補強し、これが見事に大失敗。昨年は、チームの若返りも見据えて獲得した水本裕貴、福元洋平(レンタル)が、共に「出場機会不足」を理由に移籍。最近、ガンバを見るようになった人は知らないかも知れませんが、実は2006年にも1999年ワールドユース準優勝メンバーで、京都サンガのレギュラーだった手島を獲得し、「出場機会不足」を理由にシーズン途中で移籍しています。

 初めてのACL出場シーズンだった2006年は、試行錯誤の段階だったのでしょうがない面がありますが、2008年、2009年と、性懲りもなく同じ過ちを犯しています。CBの層を心配するのはわかりますが、CBのみに特化した選手というのは、GKとほぼ同じで、レギュラーかサブかに分かれてしまいます。(特に西野監督は、ターンオーバーに否定的な固定メンバー派で、GKは意外とコロコロ変えますが、CBは変えるとしても1度だけというケースが多いですから、なおさらです。)

 こう何度も失敗していると、強化部長に一度考えを聞いてみたいと思いますね。サブ選手のメンタル面はもちろんのこと、レンタル加入した頃の中澤聡太や青木良太であれば、1000万円に満たない年俸ですが、パク・ドンヒョクや高木和道は年俸が高く、コストパフォーマンスも悪いですから、いいことなど1つもないように思うんですが・・・



【関連記事】
スポーツ報知 2009.7.11『新加入・パク、救世主となれ!…柏』



スポーツ報知 2009.7.10『移籍パクが合流、京都戦に意欲…柏』

JAL 国際線


日刊スポーツ 2009.7.9『柏加入の朴が初練習、12日京都戦出場も』
スポニチ 2009.7.9『パク・ドンヒョクあるぞ移籍即先発』
スポーツ報知 2009.7.9『G大阪からパク獲得…柏』
デイリースポーツ 2009.7.9『G大阪・朴東赫が柏へレンタル移籍』




日刊スポーツ 2009.7.8『柏が元韓国代表DFパクをG大阪から獲得』
スポニチ 2009.7.8『朴東赫が柏に期限付き移籍』
スポーツ報知 2009.7.8『柏、残留へテコ入れ!G大阪からパク獲得!』
ガンバ大阪HP 2009.7.8『DF パク ドンヒョク選手 柏レイソルへ期限付き移籍のお知らせ』




☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 23:52| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

大スポネタですが・・・宇佐美、大塚放出!?

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



 本日付の大阪スポーツ(東京スポーツ)に、「G大阪は大量放出へ」の見出しがありました。
※日付以外は全部嘘といわれている大スポなので、あまり信憑性がないのですが・・・

 記事によると、「タラレバを言っても仕方ない。また勝てるチームを作るしかない」という山本浩靖強化部長のコメントと共に、8人も登録しているFW整理の一環として、宇佐美や大塚をレンタルに出すらしいです。

 これが本当なら、もはやユースは何のためにあるのかと言われても仕方ないかも知れません。

 普通のチームなら、高額年俸の外国人やベテランを整理するんじゃないでしょうか?

 ただでさえ、都築、新井場のようなレギュラー組はもちろんのこと、松下、井川、児玉といった若手が新天地でレギュラーを獲得しているような状況にあります。

 ちなみに、この3人はレンタルで出して、返ってこなかった選手です。宇佐美や大塚が、仮にレンタル先で大活躍して、そのまま移籍してしまったら、多くのガンバサポは怒るんじゃないでしょうか。

 いくら西野監督の意向とはいえ・・・J経験のある外国人しか獲得できない強化部長が、先に辞めたほうがいいんじゃないかなと思いますが・・・





☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 00:05| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

グアムキャンプから6月反攻へ

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)

グアム オプショナルツアー


1.第3次グアムキャンプ
 鹿島戦後の1週間は、日本代表の3選手は代表キャンプおよびキリンカップに合流しましたが、チームは1週間のオフとなりました。
 6月1日から6月9日まで、ガンバ大阪はグアムのレオパレスリゾートでキャンプを行います。日本代表の3選手はW杯予選に参加するため、ガンバ大阪のグアムキャンプには不参加となりますが、6月20日のJリーグ再開後はまとまった休みがほとんどないため、この期間が戦術や連携を詰めるラストチャンスとも言える貴重な3週間となります。
 帰国後は6月13日(土)のトレーニングマッチを1試合はさんで、Jリーグに突入します。

専門スクール


2.懸念材料
 懸念材料となるのは、日本代表組。遠藤、橋本、山口の3選手は、今季のターンオーバー制の中でも、常にレギュラーとして出場していた選手だけに、ウズベキスタンやオーストラリアへの遠征は、コンディション面で大きな懸念材料となります。
 もちろん、二川、加地の復帰という明るい材料はありますが、代表組が崩れた時のオプションがほしいところ。(オプションなきまま、リーグ戦に突入すると、昨年の夏のような泥沼状態になる危険があります。)具体的には、ゼロックスで全く機能しなかった3バック、昨年の後半に見せた1トップを、現在のメンバーで機能するかの確認、さらに宇佐美、大塚、平井ら若手選手と既存メンバーの連携や、高木、パクら新加入DFの守備面での連携あたりでしょうか。

大阪 賃貸


3.稲本
 リトバルスキーが監督に就任するということで、おそらくフランクフルトに残留するのでしょうが、去就が注目されているのが稲本。Jリーグに復帰する場合は、ガンバ大阪がオファーを出しているという報道があったので、万が一フランクフルトとの契約が延長できなかった場合は、久しぶりにガンバ大阪の稲本が見られるかも知れません。
 ポジションは微妙ではありますが、ドイツでのプレイを見る限りは、技術はやや落ち気味なので、CBをやらせてみると意外と面白いかもしれませんね。

美容師 転職


【ガンバ大阪関連記事】
日刊スポーツ 2009.6.11『橋本、「遠藤の7」に苦笑/W杯予選』
日刊スポーツ 2009.6.11『代表控え組がW杯本番へ豪州戦でアピール』
スポニチ 2009.6.11『代役ボランチ機能せず…橋本&阿部反省』
スポニチ 2009.6.11『松井除く欧州組と遠藤が豪州遠征不参加』
サンケイスポーツ 2009.6.11『俊輔、遠藤ら5人豪州戦欠場/W杯予選』
デイリースポーツ 2009.6.11『右太もも裏肉離れの遠藤ら5人ベンチ外に』
朝日 2009.6.11『俊輔頼み 空回り日本カタールとドロー W杯予選』



日刊スポーツ 2009.6.10『遠藤が右太ももの軽い肉離れ残り2戦欠場』
スポニチ 2009.6.10『G大阪に激震…遠藤“想定外”の重症 代表を離脱』
スポニチ 2009.6.10『橋本“代役”は任せろ!きょうカタール戦で初先発』
スポニチ 2009.6.10『個への依存浮き彫り…遠藤欠き攻守ぎくしゃく』
スポニチ 2009.6.10『豪州戦 中村俊、遠藤ら同行せず』
スポーツ報知 2009.6.10『橋本よ阿部よ今野よ定位置奪取へ奮起せよ』
スポーツ報知 2009.6.10『長谷部に続き遠藤もカタール戦欠場…岡田ジャパン最高の試練』
サンケイスポーツ 2009.6.10『遠藤、右太もも裏肉離れで離脱/W杯予選』
デイリースポーツ 2009.6.10『G大阪の加地&二川、復帰にメド立った』
朝日 2009.6.10『遠藤が負傷離脱 日本代表』



日刊スポーツ 2009.6.9『岡田監督メンバー入れかえ「刺激になる」』
スポニチ 2009.6.9『遠藤「右太もも裏に張り」疲労蓄積?あす出場微妙』
スポーツ報知 2009.6.9『遠藤が右太もも裏に張り、カタール戦欠場も…日本代表』
サンケイスポーツ 2009.6.9『遠藤リタイア、香川が代表離脱/W杯予選』

パート求人


サンケイスポーツ 2009.6.8『遠藤、「残り2戦全部出る」/W杯予選』
サンケイスポーツ 2009.6.8『遠藤は右太ももに張り 長友はカタール戦欠場へ』

転職情報


日刊スポーツ 2009.6.7『遠藤ドイツの雪辱を南アで/W杯予選』
日刊スポーツ 2009.6.7『遠藤「さらに強くなりたい」/W杯予選』
日刊スポーツ 2009.6.7『150人が集結!大阪の劇場でもPV』
スポニチ 2009.6.7『日本“世界最速”で決めた!4大会連続W杯出場』
スポーツ報知 2009.6.7『遠藤、攻撃よりも守備の人…W杯アジア最終予選』
朝日 2009.6.7『病気も糧に、夢のピッチへ ガンバ大阪・遠藤選手』
産経 2009.6.7『W杯出場決定 遠藤「これが最終目標ではない」』
産経 2009.6.7『W杯機に南アが関西と交流熱望 領事館設置も計画』

エイブルジャパン e-shop


日刊スポーツ 2009.6.6『遠藤セットプレー調整「CK蹴りにくい」』
スポニチ 2009.6.6『代表・遠藤、日本流貫く!きょうウズベキスタン戦』
読売 2009.6.6『関西パワーでW杯へ! 6日夜にウズベク戦』




日刊スポーツ 2009.6.5『遠藤、アジアMVP奪われた「恨み」晴らす』
スポニチ 2009.6.5『遠藤“屈辱”晴らしW杯切符獲る!あすウズベク戦』



日刊スポーツ 2009.6.1『橋本&山口が途中出場で貢献/親善試合』
日刊スポーツ 2009.6.1『MF遠藤「雰囲気よく行ける」/親善試合』
スポニチ 2009.6.1『「自由にやれた」遠藤が攻撃にリズム』
スポーツ報知 2009.6.1『遠藤が国際Aマッチ出場ヒデ超え通算78戦…日本代表』



J'sGoal 2009.5.31『キリンカップサッカー2009 日本 vs ベルギー 試合終了後の遠藤保仁選手(G大阪)コメント』
J'sGoal 2009.5.31『キリンカップサッカー2009 日本 vs ベルギー 試合終了後の橋本英郎選手(G大阪)コメント』
J'sGoal 2009.5.31『キリンカップサッカー2009 日本 vs ベルギー 試合終了後の山口智選手(G大阪)コメント』



日刊スポーツ 2009.5.28『遠藤がヒデに並ぶ代表77戦出場/親善試合』
日刊スポーツ 2009.5.28『山口31歳遅咲き代表デビュー/親善試合』
日刊スポーツ 2009.5.28『遠藤が手応え「攻撃に厚み」/親善試合』
日刊スポーツ 2009.5.28『山口「楽に試合に入れた」/親善試合』
スポニチ 2009.5.28『遠藤“大黒柱の貫禄” CKでダメ押し弾をアシスト』
スポニチ 2009.5.28『31歳山口、代表デビュー戦で零封貢献』



日刊スポーツ 2009.5.27『MF遠藤、チリ攻略に自信』
スポニチ 2009.5.27『遠藤がヒデに並ぶ「代表キャップ77」 きょうチリ戦』
J'sGoal 2009.5.27『キリンカップサッカー2009 日本 vs チリ 試合終了後の遠藤保仁選手(G大阪)コメント』
J'sGoal 2009.5.27『キリンカップサッカー2009 日本 vs チリ 試合終了後の橋本英郎選手(G大阪)コメント』
J'sGoal 2009.5.27『キリンカップサッカー2009 日本 vs チリ 試合終了後の山口智選手(G大阪)コメント』



日刊スポーツ 2009.5.26『古株遠藤が新入りを歓迎「刺激になる」』
日刊スポーツ 2009.5.26『山口は地元での代表デビューへ闘志燃やす』
スポニチ 2009.5.26『山口スタメンのチャンス「一生に一度あるかないか」』
デイリースポーツ 2009.5.26『G大阪ホットラインでゴール予告!』



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 01:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ガンバ大阪〜2009年シーズン試合日程【5/31更新】

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪チケットの予約なら「ローチケ.com」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


新体制発表・キャンプ
1月29日(木)
 新体制発表(練習なし)
1月30日(金)
 第1次グアムキャンプ出発
2月 4日(水)
 日本代表VSフィンランド代表@国立
2月10日(火)
 第2次グアムキャンプ帰国
 ※2/10〜12はOFF。
2月11日(水)
 W杯予選 日本代表VSオーストラリア代表@日産
2月13日(金)
 第2次宮崎県綾町キャンプ出発
2月21日(土)
 第2次宮崎県綾町キャンプ帰阪



プレシーズンマッチ
 今シーズンは、22日のセレッソ大阪戦(森島引退試合)、28日の鹿島アントラーズ戦(ゼロックス杯)の2試合が、プレシーズンマッチが開催されます。大阪ダービー、ゼロックス杯ともに、久しぶりの1戦。今年のガンバ大阪の全容が、何となく見えてくる2戦となりそうです。



2月22日(日)
 プレシーズンマッチ C大阪@長居
  →長居陸上競技場ガイドへ
2月28日(土)
 フジゼロックススーパーカップ 鹿島@国立
  →国立競技場ガイドへ



公式戦(Jリーグ・ACL)
3月 7日(土) 15:00
 Jリーグ第1節 千葉@フクアリ
  →フクアリ(フクダ電子アリーナ)ガイドへ
3月11日(水) 19:00
 ACL予選リーグF組第1節 Shandong Luneng@万博
3月14日(土) 16:00
 Jリーグ第2節 磐田@万博
3月18日(水) 20:00
 ACL予選リーグF組第2節 韓国・FCソウル@韓国
3月22日(日) 13:00
 Jリーグ第3節 京都@西京極
3月24日(火)
 日本代表VSイラク代表@国内
3月28日(土)
 W杯予選 日本代表VSバーレーン代表@国内



4月 4日(土) 13:00
 Jリーグ第4節 広島@万博
4月 8日(水) 19:00
 ACL予選リーグF組第3節 Sriwijaya@万博
4月12日(日) 16:00
 Jリーグ第5節 大宮@NACK5
4月17日(金) 19:30
 Jリーグ第6節 山形@万博
4月22日(水) 19:00
 ACL予選リーグF組第4節 Sriwijaya@インドネシア
4月26日(日) 14:00
 Jリーグ第7節 神戸@ホムスタ
4月29日(水・祝) 19:00
 Jリーグ第8節 FC東京@万博



5月 2日(土) 14:00
 Jリーグ第9節 大分@九石ドーム
5月 6日(水) 19:30
 ACL予選リーグF組第5節 Shandong Luneng@中国・山東魯能
5月10日(日) 15:00
 Jリーグ第11節 柏@万博
5月16日(土) 14:00
 Jリーグ第12節 浦和@埼玉
5月20日(水) 19:00
 ACL予選リーグF組第6節 FCソウル@万博
5月24日(日) 13:00
 Jリーグ第13節 鹿島@万博
5月27日(水)
 日本代表VSチリ代表(キリンカップ)@長居
  →長居陸上競技場ガイドへ
5月31日(日)
 日本代表VSベルギー代表(キリンカップ)@国立
  →国立競技場ガイドへ



6月 1日(月)
 第3次グアムキャンプ出発
6月 6日(土)
 W杯予選 ウズベキスタン代表VS日本代表@タシケント
6月 9日(火)
 第3次グアムキャンプ帰国
6月10日(水)
 W杯予選 日本代表VSカタール代表@日産(横浜国際)
6月17日(水)
 W杯予選 オーストラリア代表VS日本代表@メルボルン
6月20日(土) 15:30
 Jリーグ第14節 新潟@万博
6月24日(水)
 ACL決勝Tベスト16 川崎@万博
6月28日(日) 14:00
 Jリーグ第15節 横浜FM@日産



7月 1日(水) 19:00
 Jリーグ第10節 川崎F@等々力
7月 5日(日) 18:00
 Jリーグ第16節 名古屋@豊田
7月11日(土) 19:30
 Jリーグ第17節 清水@万博
7月15日(水)
 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦
7月19日(日) 19:00
 Jリーグ第18節 柏@柏
7月25日(土) 19:00
 Jリーグ第19節 大分@万博
7月29日(水)
 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦





8月 2日(日) 18:00
 Jリーグ第20節 山形@NDスタジアム
8月 8日(土)
 JOMOカップ 韓国選抜@
8月15日(土) 19:00
 Jリーグ第21節 浦和@万博
8月19日(水) 19:00
 Jリーグ第22節 新潟@東北電力スタジアム
8月23日(日) 18:00
 Jリーグ第23節 名古屋@金沢
8月29日(土) 19:00
 Jリーグ第24節 磐田@エコパ





9月2日(水)
 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦
9月 5日(土)
 欧州遠征 オランダ代表VS日本代表@未定
9月6日(日)
 ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦
9月 9日(水)
 欧州遠征 未定VS日本代表@未定
9月12日(土)
 Jリーグ第25節 神戸@万博
9月16日(水)
 Jリーグ第27節 予備日
9月19日(土)
 Jリーグ第26節 FC東京@味の素
9月23日(水)/24日(木)
 ACL決勝T準々決勝第1戦
9月26日(土)
 Jリーグ第27節 川崎F@万博
9月30日(水)  ACL決勝T準々決勝第2戦




10月 4日(日)
 Jリーグ第28節 大宮@万博
10月10日(土)
 W杯予選アジアオセアニアプレーオフ第1戦
10月14日(水)
 W杯予選アジアオセアニアプレーオフ第2戦
10月17日(土)
 Jリーグ第29節 広島@広島ビッグアーチ
10月21日(水)
 ACL決勝T準決勝第1戦
10月24日(土)
 Jリーグ第30節 横浜FM@万博
10月28日(水)
 ACL決勝T準決勝第2戦



11月 3日(火・祝)
 ヤマザキナビスコカップ決勝
11月 7日(土)
 ACL決勝 未定@国立
11月 8日(日)
 Jリーグ第31節 京都@万博
11月11日(水)
 Jリーグ第31節 予備日
11月14日(土)
 アジアカップ最終予選第3戦 日本代表VS香港代表@国内
11月18日(水)
 アジアカップ最終予選第3戦 香港代表VS日本代表@香港
11月21日(土)
 Jリーグ第32節 清水@アウスタ
11月25日(水)
 Jリーグ第31節 予備日
11月28日(土)
 Jリーグ第33節 鹿島@カシマ



12月 2日(水)
 Jリーグ第31節 予備日
12月 5日(土)
 Jリーグ第34節 千葉@万博
12月9日(水)〜19(土)
 FIFA クラブ ワールドカップ UAE 2009
  参加クラブ:欧州1、南米1、アジア1、アフリカ1、北中米カリブ1、オアセアニア1、開催国1

※天皇杯日程は未定



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次続きを読む
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ガンバ大阪、豚インフル渦も試合開催へ

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)

 


 16日の浦和レッズ戦の試合後あたりから騒がれていた「インフルエンザによる無観客試合問題」は、政府が対策緩和方針を固めたことから、5月20日(水)のACL・FCソウル戦と、5月24日(日)のJ1・鹿島アントラーズ戦は、予定通り開催されることとなりました。また、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪の試合に加え、長居で行われるキリンカップ・チリ戦も通常通りの開催となります。

 一時は、宇佐美のトップデビュー戦が無観客試合という裁定が下されるような雰囲気になっていましたが、何とか開催されるということで、チケットを購入していたサポーターにとっては、一安心。



 ただ、関西以外から駆けつけるサポーターは、ちょっとびっくりするかも知れません。現在の関西では、電車の中にいる人の半分以上がマスクをしていて、どこへ行ってもマスクが売り切れという異常事態になっています。インフルエンザの患者が出た神戸市のポートアイランドは軽いパニック状態で、沿線を走るポートライナーの乗客のほぼ100%がマスクマンでした(苦笑)

 医学的にはあまり有効じゃないのではと疑われているマスクですが、関東から来られる方は持参しましょう。駅の売店では販売していない可能性がありますので・・・



【関連記事】
日刊スポーツ 2009.5.19『G大阪がソウル戦無観客から一転通常開催』
日刊スポーツ 2009.5.19『Jも通常開催、新型インフル対策本部設置』
スポニチ 2009.5.19『G大阪 発熱疑い観客は入場制限へ』
スポーツ報知 2009.5.19『ACL、ナビスコ杯&リーグ戦は開催…新型インフル』
スポーツ報知 2009.5.19『4市に新型インフル対策費各100万円を寄付…G大阪』
サンケイスポーツ 2009.5.19『新型インフル蔓延もキリン杯開催予定通り』
デイリースポーツ 2009.5.19『G大阪、厳戒サーモチェック』
デイリースポーツ 2009.5.19『インフル拡大も…代表&J&ACL開催』
中日スポーツ 2009.5.19『キリン杯チリ戦は予定通り開催』



J'sGoal 2009.5.18『5/20(水)ACLソウル戦、5/24(日)JL鹿島戦、試合開催決定のお知らせ [ G大阪 ]』
J'sGoal 2009.5.18『新型インフルエンザに関する対応について [ Jリーグ ]』
スポニチ 2009.5.18『ACL最終戦は無観客?G大阪18日にも決断』
スポニチ 2009.5.18『発熱疑いの観客…G大阪は入場制限決定』
スポーツ報知 2009.5.18『G大阪、20日ACLへの対応を府などと検討…前日までに発表』
スポーツ報知 2009.5.18『G大阪のACLは開催…関西の週末リーグ戦も実施』
スポーツ報知 2009.5.18『キリン杯は予定通り、JリーグやACLも変更なし』
サンケイスポーツ 2009.5.18『キリン杯やナビスコ杯、ACLは予定通り開催』
デイリースポーツ 2009.5.18『G大阪がACL開催など協議』
朝日 2009.5.18『新型インフルで学級閉鎖なら…セ大阪、試合延期要請へ』
毎日 2009.5.18『新型インフル:新体操ユース選手権は中止…各競技に影響も』



日刊スポーツ 2009.5.17『G大阪新型インフルでACL無観客試合も』


 3M 防護マスク 9210 N95 20枚入【豚インフルエンザ対策 N95】【送料無料】

☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ジュビロ磐田〜2009年J1ライバル診断 No.2

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)

整体 学校


1.強豪・・・今は昔
 2009年のJリーグディヴィジョン1(J1)におけるライバルの戦力第2弾は、ガンバ大阪のホーム開幕戦であたるジュビロ磐田。皆さんもご存知の通り、10年前は強豪クラブの代表だったジュビロ磐田も、ここ最近はその面影がなくなり、昨年はまさかの入替戦と不振にあえいでいます。

写真


2.突破力
 ところがデータを見てみると、16位のチームの割には数値の高い項目がいくつかあります。クロス数はリーグ5位の621、ドリブル数はリーグ3位の489、ドリブル成功率はリーグ6位の57.9%と、突破力に関わるデータが高く出ている一方で、パス数はリーグ15位の12,414、パス成功率はリーグ14位の71.1%と、順位と同じように低迷しています。よく、ジュビロ磐田はショートパス主体のチームと言われることが多いのですが、実態は突破力のチームであり、ジュビロ磐田浮上の鍵は、この突破力をどう活かすかにかかっていると思います。

博多やきとり・もつ鍋 若杉


3.萬代
 ドリブルの数値で抜きん出る駒野、ジウシーニョ、村井を中心とした突破力はリーグでもそこそこの威力を誇っているだけに、その先が問題。もちろん、駒野などは代表でもたびたびクロスミスが見られるので、その精度を高めることはもちろん必要となりますが、やはりFWをどうするのかが鍵でしょう。そういった意味では、期待がかかるのは萬代。昨年はリーグ戦・カップ戦あわせて27試合4得点に終わりましたが、184cmの高さと裏への抜け出しに定評があるだけに、味方と噛み合えば面白い存在となるように思います。今年はジウシーニョ、前田の2トップがレギュラーでしょうが、萬代がスーパーサブなり、先発で定着すると、ガンバにとっては厄介になるかも知れません。

オンラインゲーム


4.不安なCB
 攻撃はある程度計算できるのですが、不安材料はセンターバック。リベロとして活躍が期待されている那須ですが、どちらかというとストッパーのほうが向いているタイプのように思います。相棒の茶野も対人プレイが得意なタイプで、役割がうまく分担できるのか未知数の部分があります。個人的には、アテネ世代のセンターバックはストッパータイプが多く、その前後の世代と比較するとリベロの人材が不足していた印象があるだけに、それほど期待できないのかなという感があります。



5.若手GKの放出
 それに加え、中長期的に見ると、若手の有望株だったGK松井を京都サンガに放出してしまったのはマイナスでしょう。個人的に、川口はベテランとは言いつつも、けっこう軽率なミスが多く、安定感がいまひとつだと感じているだけに、全幅の信頼を置くのはどうかと思います。

【サッカーショップ加茂】ガンバ大阪 ホーム ユニフォーム


6.相性は悪くないが・・・
 いろいろな要素を考えても、今季のジュビロは攻撃力で復活を目指すと言えそうなので、ラインを深めに設定してくるチームに弱いガンバ大阪にとっては、比較的相性がいいと言えるでしょう。ただ、注意したいのは開幕2戦目であたるということで、今年も相変わらず調整遅れが目立つガンバ大阪だけに、去年の連携が戻らないと、去年のようにズルズルと失点を重ねてしまいかねません。去年は、いまや客寄せパンダとなっているゴン中山に、リーグで唯一のゴールを許しています(苦笑)今年はなんとか、ホーム開幕戦をものにして、波に乗りたいところですね。

【サッカーショップ加茂】ジュビロ磐田 ホーム ユニフォーム


☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ジェフ千葉〜2009年J1ライバル診断 No.1

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪チケットの予約なら「ローチケ.com」

 2009年のJリーグディヴィジョン1(J1)におけるライバルの戦力を見ていきたいと思います。まずは、ガンバ大阪が開幕戦であたるジェフユナイテッド千葉から。



1.守備力
 昨年のジェフ千葉は、最終節でギリギリ15位に滑り込み、何とか残留を果たしました。そのため、昨年のデータはほぼ悪い数字が出ていますが、その中で特筆すべきは守備力です。ブロックはリーグ3位の614、インターセプトはリーグ3位の80と、15位のチームとしては優秀な数字を残しています。ブロックとインターセプトに優れているということは、裏返すとチームとして相手ボールを奪う守備ができているということです。ボスナー、池田、斉藤など対人プレイが得意なストッパーが揃っていることもあり、守備力は一定の評価を得ているといえるでしょう。



2.スピード不足
 評価の高い守備ではありますが、今シーズンに大きくネックとなりそうなのが、ミラー監督が「ラインを高めに設定」しようとしていることでしょうか。ジェフ千葉のDFラインはサイドバックに和田とアレックスを補強しましたが、中央のセンターバックは補強がありませんでした。従来と同じ面子で、ラインを高めに設定すると、ジェフ千葉のセンターバックのスピードは不足しているように思います。ガンバ大阪(大分トリニータ)から福元を獲得しましたが、彼もスピードよりはカバーリングやロングフィードを得意とする選手であり、ジェフ千葉の弱点であるスピード不足を補う選手とは言いがたいところがあります。
 ガンバ大阪のように、圧倒的にポゼッションをとれるチームであっても、DFラインにスピードがないためにカウンターでやられてしまうケースが多々あるだけに、ミラー監督の戦術は大きな掛けとなりそうです。

【サッカーショップ加茂】ガンバ大阪 ホーム ユニフォーム


3.FW不足
 今シーズンの新体制発表記者会見で、「FWが欲しい」というコメントがミラー監督から出ていましたが、こちらはより深刻でしょう。絶対的なエースとして君臨しているのが巻ですが、ストライカーとしてはやや弱いと言わざるを得ません。新居や深井を使って、何とか巻のスピード不足を補うというのが現実です。





4.厚みのあるカウンター
 それと昨年から気になるのは、守備的に戦うことを意識するあまりに、カウンターアタックに鋭さがなくなるところです。ミラー監督がプレミアリーグ出身ということや、勝ち点を積み重ねて残留しなければならないという状況もあって、昨年はやや慎重に戦いすぎたきらいがあります。監督がミラーに代わってからは、8勝7敗6分とそこそこの数字は残しているだけに、カウンターになれば深井や谷澤の突破力を活かしていきたいところです。



5.中後の加入
 やや悲観的な話ばかりしてきましたが、今季最も大きな補強は中後の獲得。昨年、小笠原の長期離脱という危機的状況に陥った鹿島が、最後に優勝できたのは彼がいたからこそ。小笠原の穴を埋められる選手などそうそういるものではないので、彼が中盤の中心として君臨すれば、ある程度ゲームを組み立てることは可能となるので、まだ連携が深まらない開幕戦であたるのはガンバ大阪にとってラッキーでしょう。

【サッカーショップ加茂】ジェフユナイテッド千葉 ホーム ユニフォーム 2008年モデル SALE!


☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。