2009年10月03日

2009J1ラスト7試合〜史上最大の逆転劇なるか!? Part.2

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)





3.日程の壁
 得点力のある川崎、ガンバ、広島ならチャンスありと言いたいところがですが、日程を見るとやや苦しい状況となっています。
 個別に見ると、川崎でネックとなるのは過密日程。ACLでショッキングな敗退を喫した精神的ダメージがないかということと、ナビスコ決勝という余計なカードが残っているのが非常に痛いところ。先日のガンバ戦を見る限りでは、過密日程の影響が感じられるので、3位ではあるものの非常に厳しい状況です。

川崎
10/ 4 横浜@等々力
10/ 7 鹿島@カシマ
10/17 大宮@埼玉
10/25 広島@等々力
11/ 3 東京@国立
11/ 8 千葉@等々力
11/22 大分@九石ドーム
11/28 磐田@ヤマハ
12/ 5 柏@柏

デイトレード


 広島は10月にある清水、ガンバ、川崎と続く直接対決で出鼻をくじかれると、一気に脱落してしまいます。清水戦、川崎戦はアウェイ決戦。ガンバ戦はホームで迎えるも、向こうも近場の遠征という厳しい条件。ただし、ここで3連勝すると、チームが若いだけに一気に突っ走る可能性はあります。

広島
10/ 3 清水@アウトソーシング
10/17 大阪@広島ビッグ
10/25 川崎@等々力
11/ 8 大宮@NACK
11/21 名古屋@広島ビッグ
11/28 磐田@ヤマハ
12/ 5 京都@広島ビッグ

ディズニー 通販


 そして、いきなり鹿島、浦和との連戦を抱える新潟。川崎に加え、残留争いで目の色が変わっている柏を残しているだけに、ここで1敗もしないのは至難の業か。。。

新潟
10/ 4 鹿島@カシマ
10/17 浦和@東北電力
10/24 神戸@ホムスタ
11/ 8 磐田@ヤマハ
11/21 柏@柏
11/28 川崎@等々力
12/ 5 東京@東北電力

カレコ・カーシェアリングクラブ


4.ガンバに立ちはだかる代表の壁
 ガンバも広島、清水、鹿島との試合が全てアウェイだけに楽ではありません。さらに、10/8、10/10、10/12に代表3連戦があり、さらに11/18にもアウェイ香港での代表戦があります。今度は時差ぼけがないとは言え、頑なまでに固定メンバーにこだわる某監督の采配を考えると、ガンバには辛い日程。しかも、この代表戦が大事な大一番である広島戦、清水戦の前に組まれているという不運。勝ち点で不利な状況に立たされているガンバにとって、直接対決では必ず相手を叩かなければならないだけに、かなりのミラクルが必要です。(ただ、代表に関しては、鹿島や川崎はもっとひどい日程で合流させられるのですが・・・)

大阪
10/ 4 大宮@万博
10/17 広島@広島ビッグ 
10/24 横浜@万博
11/ 8 京都@万博
11/21 清水@アウトソーシング
11/28 鹿島@カシマ
12/ 5 千葉@万博



5.日本平の壁
 鹿島を見ると、楽そうに見えてそうでもない組み合わせ。千葉、柏とは、残留の可能性が残っている中での戦いなので、相手はかなり本気になってきます。さらに、シーズン終盤で、ガンバ、浦和という底力のあるチームが待ち受けています。京都・柳沢の恩返し弾というのも、大いに期待が持てます。

鹿島
10/ 4 新潟@カシマ
10/ 7 川崎@カシマ
10/17 磐田@ヤマハ
10/24 千葉@カシマ
11/ 8 山形@カシマ
11/21 京都@西京極
11/28 大阪@カシマ
12/ 5 浦和@埼玉

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン


 これに対して、圧倒的に有利なのが清水。地元アウトソーシングで4試合を残しています。アウトソーシングスタジアムは、旧称の日本平スタジアムですが、清水在住の友人曰く、「清水はわざと日本平の芝をぼこぼこにして、ホーム有利の状況を作っている」ということらしいです。これが本当ならば、荒れ馬場にパスサッカーの広島とガンバを迎えるホームは、清水が断然有利で、この2チームにとっては、最悪の状況で迎える試合となってしまいます。さらに、アウェイでも残留の可能性がほぼない大分と、これまた同じようなでこぼこスタジアムの九石ドームで戦えるという点でも有利です。

清水
10/ 3 広島@アウトソーシング
10/18 大分@九石ドーム
10/25 東京@アウトソーシング
11/ 8 柏@柏
11/21 大阪@アウトソーシング
11/29 横浜@日産
12/ 5 名古屋@アウトソーシング




6.最終節まで持ち込めば・・・
 状況的にはガンバが不利と言えますが、鹿島戦を終えた段階で、鹿島や清水と並んでいるか、勝ち点差が1や2の状態であれば、最後に差し切る可能性は十分あります。
 ガンバの対戦相手の千葉は、すでに山形との勝ち点差が7に拡大しており、この頃にはすでに降格となっている可能性が大です。そうなると、安全パイの試合運びが期待できます。
 これに対して、鹿島は浦和、清水は名古屋との1戦。それぞれ長年ライバルの関係にあるチームなので、消化試合でも手を抜かない可能性が大です。(清水はさらに優勝争いの経験が少ない不利もあります。)

 最後の最後になって、Jリーグ初期のお荷物御三家の援護射撃が、史上最大の逆転劇達成のために必要となりそうなのは、皮肉ではありますが・・・

Part.1へ戻る





☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次


posted by マルセリーニョ・カリオカ at 02:33| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本平は08年のベストピッチ賞をとっていたと思います。
Posted by サッカー素人 at 2009年10月04日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。