2009年01月24日

ガンバ大阪大型補強まとめ(来る人編)

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪チケットの予約なら「ローチケ.com」
TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン2008 ガンバ大阪 世界への挑戦 [DVD]




 元旦の天皇杯決勝から、早くも3週間ほどたちましたが、今年は浦和が無冠だったことや景気の低迷などの影響で、各チームが緊縮財政を取る中、ガンバ大阪の大型補強が目立ちました。年明けに正式決定すると言われていた大物選手の獲得情報が続々と入ってきましたので、今回は、ガンバ大阪へ来る人をまとめてみました。



完全移籍での獲得

レアンドロ(期待度☆☆☆)
 今シーズンオフの補強で最も注目を浴びていたFWですが、ヴィッセル神戸からレアンドロを獲得。ヴィッセル神戸サポーターの総評を聞く限りでは、決定力が課題もスピード豊かなストライカーといったイメージでしょうか。そう言えば、どこかのチームにも同じような特徴のストライカーがいたような・・・。おそらく、播戸と定位置を争うことになるのでしょうが、果たして年俸に見合うだけの活躍ができるのか・・・。



チョジェジン(期待度☆☆☆)
 2007年まで清水エスパルスに在籍した韓国人ストライカー。空中戦で強さを発揮するタイプで、今までのガンバにはいなかったタイプです。
 ただ、昨シーズンは韓国リーグであまり点を決めておらず、衰えの可能性も否めません。さらに清水時代には、強行に海外リーグへの移籍を画策していたことから、同じ事をガンバで起こされては困るという心配もあります。さらにさらに付け加えると、長身ストライカーと言うと思い出されるのが、過去に所属したマグロン。マグロンを切った事で鮮明になった今のガンバのパスサッカーだけに、チョジェジンはまた逆行してしまわないのか・・・。



高木和道(期待度☆☆)
 層が薄いと言われたCBの補強として、今季の目玉と言えるのが高木和道。高木自身が滋賀出身で関西に戻りたいという強い意志が決め手となっての今回の移籍。ただ、僕としてはこの補強は謎。今のガンバには中澤という長身DFがいる中で、果たして獲得する意味はあったのか?昨シーズンも、控えの福元はほとんど試合に出ることがなかったように、高木と中澤のいずれかがそういう不遇になってしまう危険がつきまとうだけに、第2の水本とならないことを祈るばかりです。



パクドンヒョク(期待度☆☆☆☆)
 アジア枠効果で獲得した2人目の韓国人。僕自身はプレイを見たことがありませんが、スピードがウリのCBで、右サイドバックもこなせる選手という噂。もちろんあくまで噂ですから、蓋を開けると「なんやこれ」というミネイロ状態も考えられますが、評判どおりであれば、ラインを上げるのにスピードがないCB、加地のバックアップという2つの弱点を補ってくれる存在になるはず。期待してみたい選手の1人です。



太洋一(期待度☆☆)
 木下と入れ替わりのような形で熊本から獲得した太。アピールポイントのコーチング能力は、昨年の藤ヶ谷のプレイに足りなかったもの。そういう意味では、競争相手としては望ましい。


Jリーグ オフィシャルDVD[DVDソフト] ガンバ大阪 2007シーズンイヤーDVD

期限付き移籍(レンタル移籍)先からの復帰

三木良太
 家長、寺田、丹羽らと共にトップに昇格するも、その後はJ2暮らし。現状のFW陣の層を考えると、本来ならどこかへのレンタル延長が現実路線だったのだろうが、J2でも結果が残せなかっただけに、致し方ないか。今シーズンは、文字通りの正念場。06年にガンバに復帰した中山が決定機を外し続けて、結局放出されてしまったが、三木の今後も少ないチャンスを活かせるかの1点に尽きるだろう。


日活Fantasista/ガンバ大阪DVD ガンバ大阪 初制覇への軌跡/DVD・CD・書籍

ユースからの昇格

宇佐美貴史(期待度☆☆☆☆)
 稲本、家長以上の逸材として騒がれ続けてきたプラチナ世代のエースが、今年からトップに昇格。これは、今季からJリーグに出向する上野山氏が以前、「家長はもっと早くあげて、トップで競争させておけばよかった。」と語っていた反省から、逸材を早くトップに上げて競争させるという方針そのもの。ガンバの中盤の層は厚いが、二川は常に故障持ちで、遠藤は過密日程でいつダウンするかわからないという状況もあり、意外と早くチャンスはまわってくるかもしれない。ユースの星から、Jリーグの星へ。期待して待ちたい選手。


【SALE】エンブレムキーホルダーFIFA ClubWorldCupJapan2008オフィシャルライセンスグッズ【20%...

大塚翔平(期待度☆☆☆)
 宇佐美と同時昇格するのが、FWの大塚。ユースでの実績から期待感は高いものの、正直に言うとFWは去年のレギュラー3人+外人2人が加入したため、非常に厳しい状況。おそらく、ねらい目はナビスコカップでしょうか?監督がナビスコは育成の場と割り切れば、今年のトップデビューも見えてくる。



菅沼駿哉(期待度☆☆)
 同じく、ユースから上がってきたDFですが、高さがウリではあるものの、ややアピールに乏しいという印象。植田選手のように、2年程度で見切られないようにがんばってほしいところです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンWEBチケットストア


☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
「ガンバ大阪『コラムG』 目次」はこちらをクリック
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太洋一選手は、なぜか完全移籍での獲得です!
Posted by mimiki at 2009年01月26日 05:50
mimikiさん

ありがとうございます。
確かに、完全移籍ですね。
訂正しておきました。
Posted by 管理人 at 2009年01月26日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。