2009年01月15日

宮本恒靖、神戸へ〜歴史は繰り返される

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆


宮本恒靖DVDバイオグラフィー No.5(DVD) ◆20%OFF!

◆「宮本恒靖、ヴィッセル神戸へ完全移籍」
 学校の後輩からのメールで、宮本が神戸に移籍することを知りました。ガンバサポの中には、「日本に帰ってくるなら、ガンバに」と考えていた人も多かったようで、違和感を感じている人もいるでしょう。
 ただ冷静に考えると、宮本のガンバ復帰はありえなかったでしょう。2006年W杯ドイツ大会予選時の宮本は、日本代表ではレギュラーで活躍していましたが、ガンバ大阪に帰ってくると、「好調な今は、DFラインを動かしたくない」という西野監督の考えもあり、ベンチをあたためていることがありました。当時のタブロイド(夕刊紙)では、ジーコジャパン批判のキャンペーンの中で、「ガンバでサブの選手が、日本代表では不動のレギュラー」と宮本を揶揄していました。後に見たサッカーダイジェストの記事では、ベンチをあたためていた時期に、宮本は移籍を志願していたというほど、首脳陣に不信感を持っていたようです。基本的に西野監督は、フィジカルの強いDFが好みのため、宮本はそれほど重宝されていたという感じではなかったので、そのあたりも宮本にとっては不満だったのかも知れません。ただ、その頃は、ガンバ大阪がJリーグ初優勝を狙っていたこともあり、宮本は残留しましたが、初優勝後の2006年シーズンのオフに、ザルツブルクに移籍してしまいます。



◆ザルツブルク時代
 ザルツブルク時代の宮本は、最初の指揮官マテウスのもとでは、試合に出たり出なかったりの繰り返しでしたが、マテウスが解任されトラパットーニが就任したことをきっかけに、出場機会が増えました。同時期に移籍した三都主アレサンドロが、守備力のなさを露呈し、徐々に信頼を失ったのとは対照的に、宮本の評価は高まっていきました。(三都主は、宮本よりも一足早く、日本に戻ってしまいます。)
 トラパットーニが宮本を高く評価していたのは、戦術眼だったといわれています。チームが守備で混乱している際には、「とりあえず宮本を入れとけ」という投入もありました。今となって、宮本の選手生活を振り返ると、若手時代のトルシエ時代こそ、巧みなラインコントロールを買われての器用でしたが、その後評価が高かったジーコ、トラパットーニは、ラインを深めに設定するサッカーを志向しており、カバーリングが得意な宮本が買われていたように思います。



 日本では、宮本はフィジカルが弱い(高さがない)ことを非難されることが多かったのですが、宮本の場合は高さがないことよりも、スピードがないことのほうが致命的でした。高さがない部分については、マークの技術でカバーできますが、スピードがない部分については、マークの技術だけではカバーのしようがありませんでした。そういう意味では、ラインを高く設定するサッカーとは相性が悪いといえます。(元浦和のエメルソンには、たびたびやられていた記憶があります。)

香水 ランキング


◆返品メール(苦笑)
 今回、神戸に移籍するにあたって、2人の神戸サポから同時に「宮本返品するんで、レアンドロと交換してくれ」という全く同じコメントのメールが入ってきました(苦笑)が、活躍の機会がないとも言い切れないでしょう。話は少しそれますが、2002年W杯で日本と対戦するロシアのCBに、オノプコという選手がいました。この選手は当時スペインリーグのオビエドに所属していましたが、レギュラーで出場しておらず、日本のメディアは「スピードが衰えたオノプコはロシアDFラインの穴」と盛んに宣伝していましたが、試合では見事にオノプコを中心としたDFラインに抑えられ、柳沢と稲本の頭脳プレイで得点し辛勝するのがやっとでした。おそらく、一部のガンバサポを除くと、宮本はだめと思われているでしょうが、ラインを深く設定すると、意外と機能する選手でもあります。宮本が活躍できるかどうかは新監督の戦術がキーとなるでしょう。新監督が積極的にラインを上げる戦術を採用すると、宮本の活躍の場はナビスコカップだけという状況になるでしょうが、果たしてどうなるでしょうか?

プラセンタ


◆歴史は繰り返される・・・客寄せパンダか
 戦力となるかという点を除くと、今回のヴィッセル神戸による宮本獲得は、実にこのクラブらしいなぁという感想を持っています。神戸の歴史を振り返ると、元ガンバの有名選手(永島、和田)や、一昔前の日本代表選手(カズ、岡野)を獲得して、客寄せパンダとして観客動員を増やそうとしてきた過去があります。そういう意味では、元ガンバ大阪で一昔前の日本代表である宮本は、神戸のフロントにとって、非常に魅力的な選手であり、ユニホームとチケットが売れたら元が取れるという判断があったのかも知れません。(年俸がいくらか知りませんが、おそらく中澤資金が使われたのではないでしょうか?)
 まぁ、ピークを過ぎたとは言え、元ガンバ戦士の宮本には多少なりとも愛着があるので、単なる客寄せパンダで終わらない活躍をしてくれることを祈っています。



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(2) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

J0EA0FC0B00104A05905908106E38TC1
Excerpt: やっぱり奥が深いよなJリーグ知りたいことが沢山ありますね。Jリーグ準加盟申請1...
Weblog: Jリーグ
Tracked: 2009-01-16 14:22

宮本恒靖の神戸移籍!!
Excerpt:  オーストリア1部リーグのザルツブルクに在籍していたDF宮本恒靖がJリーグへ3年ぶりに復帰することが決まったそうです。完全移籍先の神戸が15日、クラブ間で合意に達したと発表。2002、2006年W杯で..
Weblog: KILOMAGAZINE
Tracked: 2009-01-17 11:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。