2008年12月24日

ガンバ大阪移籍動向(2008−2009)

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪チケットの予約なら「ローチケ.com」

 CWC(クラブワールドカップ)も終わり、ガンバ大阪の移籍動向も徐々に出揃ってきたので、まとめておきたいと思います。ただし、天皇杯で優勝できなかった場合は、ACLに出場できないため、その場合は補強方針にも若干の変更が入る可能性がある。



GK
太洋一/ガンバ大阪へ完全移籍(内定)
木下正貴/ロアッソ熊本へのレンタル移籍(濃厚)

【Check Point】
熊本から太選手を獲得する予定。入れ替わりのような形で、木下選手が熊本へ。聞くところによると、太選手のアピールポイントは、コーチング。今シーズンの藤ヶ谷については、西野朗監督も精神的支柱という面で不満を持っていたようなので、それを受けての獲得と思われます。



DF
パク・ドンヒョク/ガンバ大阪へ完全移籍(濃厚)
高木和道/ガンバ大阪へ完全移籍(濃厚)
福元洋平/ガンバ大阪へ完全移籍(濃厚)
丹羽大輝/アビスパ福岡へレンタル移籍
下平匠/2年契約
植田龍仁朗/戦力外
伊藤博幹/戦力外
ミネイロ/戦力外

【Check Point】
 水本が抜けて、若干層が薄いと言われていたDFだが、福元を完全移籍で獲得するほか、パク・ドンヒョク、高木和道の獲得も噂されている。ただ、山口智、中澤もいるため、4バックを採用した場合は5人のうち、3人が弾き出される格好となる。昨年もそうであるが、交代出場がほとんどないDFというポジションを考えると、4人でも過剰と思っていただけに、本気で5人にする場合は、またもや「第2の水本」が出てしまわないか、その点に不安がある。
 高木に関しては、清水でも活躍していたCBで、高さを一番の武器としている。滋賀県出身ということもあり、関西のガンバ大阪のオファーを受けた模様。パクに関しては、高さとスピードが武器のDFで、右サイドもこなせる選手という噂であるが、韓国代表もミスで外されたりしているらしいので、額面どおりの活躍が期待できるかは謎である。
 そのほか、丹羽については、福岡の監督の評価が高いようで、レンタル移籍が延長される模様。また、昨シーズンにトップ昇格した伊藤と植田が戦力外に。特に、伊藤については、トップ昇格当初は逸材として注目を浴びていただけに、意外だった。



MF
遠藤保仁/残留(プリマス?)
寺田紳一/不明(ガンバ大阪、柏レイソル)
家長昭博/不明(ガンバ大阪、大分トリニータ、プリマス)
松下年宏/不明(ガンバ大阪、アルビレックス新潟)
松岡康暢/ロアッソ熊本へ完全移籍
リャン・ヨンギ/不明(ガンバ大阪、ベガルタ仙台)
倉田秋/2年契約
安田晃大/2年契約

【Check Point】
 11月に遠藤の移籍話が出たが、その後音沙汰がないところを見ると消滅したか。ところが、今度は家長にプリマスがアタックしている模様で、ガンバ大阪サポーターについては、依然目が離せない状況となっている。また、寺田は柏レイソルがリストアップしたという噂があり、さらに松下は帰ってくるのかこないのか不明で、いくら中盤の層が厚いとは言え、相次ぐ若手テクニシャンの流出には少々疑問が残るところだ。
 また、松岡は中山と共に熊本への完全移籍が決まった。中山は、得点数こそ少ないものの動きの質で評価され、松岡は伸び白を期待されての評価となった模様。逆に獲得が噂されていたリャンは、その後音沙汰がなく移籍話は消滅したか?



FW
レアンドロ/ガンバ大阪へ完全移籍(濃厚)
チョ・ジェジン/ガンバ大阪へ完全移籍(濃厚)
藤田祥史/不明(ガンバ大阪、大宮アルディージャ、サガン鳥栖)
ロニー/戦力外(濃厚)
岡本英也/アビスパ福岡へのレンタル移籍(濃厚)
三木良太/ガンバ大阪へ復帰(濃厚)
中山悟志/ロアッソ熊本へ完全移籍
平井将生/5年契約
星原健太/2年契約
前田雅文/不明(ガンバ大阪、ヴァンフォーレ甲府)

【Check Point】
 今シーズンの課題だったFWの補強は、まずヴィッセル神戸からレアンドロを獲得することがほぼ決まった。スピードが売りのブラジル人だけに、ガンバのパスサッカーにはまれば、今まで以上の活躍が期待できるだろう。これに対して、最近獲得が濃厚となっているのは、チョ・ジェジン。清水エスパルス時代の実績を買われてのオファーだが、韓国のKリーグではイマイチの成績に終わっており、もはや峠を越してしまったのではという危惧がある。そういう意味では、日本人ストライカーの藤田は、25歳の長身ストライカーであり、今後の伸びしろを考えると、こちらを優先すべきと思われるが、本人がレギュラーで確実に出られるところを希望しているという報道もあり、獲得できるかは流動的である。(年内には結論が出る。)外国人ストライカー2人の獲得が濃厚となったことで、ロニーについては退団が濃厚となっている。
 そのほかでは、平井が異例の5年契約を結び、話題をさらった。西野監督も評価するスピードを武器に、この層の厚いFW陣に、どう殴り込みをかけていくか、今後に注目である。また、三木良太については復帰が濃厚となったが、前田雅文の動向は依然不明となっている。



コーチ
和田治雄/退団

【Check Point】
コーチングスタッフの中では、和田治雄コーチが退団。2005年からガンバ大阪サテライトのコーチに就任したが、控えの底上げができなかったという責任を取らされる格好となった。ちなみに、同コーチはスロベニアサッカー協会のコーチライセンスを取得しており、オシム氏とも親交があったという。



【関連記事】
G大阪FWロニー退団へ
J2熊本FW中山完全移籍「熊本のゴン」
FW中山、MF松岡が完全移籍で残留 GK太はG大阪内定
G大阪、韓国人2選手を獲得へ
大分MF家長、イングランドに移籍か
鳥栖が大分FW市原をレンタル獲得へ
G大阪がロニー後釜レアンドロ獲得決定的
プリマスが遠藤にオファー!1月移籍も
柏、広島MF柏木をリストアップ
G大阪が仙台・梁を獲得へ
プロ3年目平井と異例の5年契約…G大阪
G大阪、福元を完全移籍で獲得へ…大分からレンタル中
20歳選手会長の植田、今季限りで退団…G大阪
福岡DF丹羽のレンタル延長有力
移籍リスト(伊藤博幹)
G大阪ミネイロ退団、日本でのプレー希望

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


legend of ガンバ大阪 目次
ガンバ大阪『コラムG』 目次


posted by マルセリーニョ・カリオカ at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠藤はプリマスからのオファーは丁重にお断りしたようですよ。
プリマスなんて?部リーグのチームの中でも聞いたことないですよ。そんなチームにヤットはもったいない。
パク・ドンヒョクはあまりプレーを見たことがないのでかなり楽しみにしてます。チョ・ジェジンは基本合意したようですね。リャン・ヨンギは入れ替え戦で初めて見ましたが、素晴らしい選手だと思います。本人の意向にもよりますが、仙台は残念ながら来シーズンもJ2なので、年齢的にも本気で移籍を考えた方が良いと想います。
Posted by ササ at 2008年12月25日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。