2008年10月09日

笑劇クリップ!ミネイロ劇場!

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪☆バスツアー@近畿日本ツーリスト
ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪みるならケーブルTVのJ:COM(ジェイコム)



 後半30分すぎ。ガンバ大阪監督・西野朗は焦っていた。圧倒的に試合を支配しながらも、スコアは0−1のまま。ホーム万博で、宿敵・浦和相手の敗戦は、確実にサポーターが許さない。試合の結果よりも、警察沙汰にならないかということにしか関心がない社長の不安なまなざしに気づき、西野は最後のジョーカーを投入することを決意する。佐々木、安田に続く3人目の刺客として、エースのロニーを指名しようとした瞬間、視界に入る1人の男がいた。

 そう、ミネイロだ!



 1点を追いかける苦しい状況。真剣なまなざしで試合を見つめるサブ選手の中で、1人不敵な笑みを見せるその男を見て、西野は急遽交代選手の変更を決意する。今の万博に求められているのは・・・笑いだ。

 「ミネイロ、カモン!」−ベンチの誰もが驚いた。「ここにきて、笑いなのか?」

 実は、ミネイロを指名した西野も慌てていた。ミネイロをピッチに入れた後のシミュレーションを描いていなかったのだ。しかし、指示を出さないわけにはいかないので、とっさに西野は叫んだ。「播戸と組んで、とにかく動き回れ!」

 おそらく、知将・宮本恒靖や知性のダイナモ・橋本英郎であれば、具体的にどう動くかを逆に聞いていただろう。しかし、ミネイロは違った。「うぇ〜」の一言を残し、ピッチへ入っていく。スタンドでは驚きの声と共に、軽い笑いが万博を包み込む。



 だが、この日、最も驚いていたのは西野でも、ガンバイレブンでも、ガンバサポでもなく、浦和イレブンだった。「誰やねん、こいつ?」−これまで関西弁を封印していたエンゲルスが、思わずつぶやいた。そんなミネイロに、早速ボールが渡る。秘密兵器のその男が放ったシュートは、宇宙のかなたへと消えていく。そんなミネイロに目を奪われている隙に、安田のスルーパスで播戸が抜け出した。その時、この試合で最も輝いていた相馬が、ペナルティーエリアで播戸を倒してしまう。これで、相馬は第2戦に出られなくなってしまった。



 そして、何よりも観客が知っていた。「これは、ミネイロが引き起こした祭りだ!」遠藤のPKを皮切りに、万博はお祭りムード一色となる。これに気をよくしたミネイロが、ドリブルを開始する。しかし、これが三都主アレサンドロも真っ青の直線ドリブル。紅白戦で、何度も三都主アレサンドロを止めてきた坪井は、楽勝とばかりに止めにいく。ところが、この男、三都主とは違って、重戦車だった。軽々と坪井を突破したミネイロの左足が火を吹き、今度は枠を捕らえる。辛くも都築がセーブしたが、こぼれ球をペナルティーエリアで遠藤が拾う。これは追加点だと誰もが確信した瞬間、遠藤がまさかのミスキック。驚きの表情を隠せないミネイロの横で、遠藤がつぶやいた。「ミネイロが目に入ってしまった・・・」



 気を取り直し、猛チェイスを仕掛けるミネイロ。坪井が楽々とクリアしたその瞬間、重戦車ミネイロが坪井に襲い掛かる。担架で運ばれる坪井に、ミネイロはつぶやいた。「ごめんね、ボク、タテにしか走れないのねん」これには、さすがの西野も怒鳴る。「アホか!ミネイロ!どうせやるなら、都築にやれ!」しかし、ミネイロは「うぇ〜」の一言を残し、何事もなかったかのように走り回る。この姿には、さすがの西野も頭を抱える。



 しかし、このプレーでエンゲルスは動転し、出場予定のない闘利王をピッチに送り出す。そして、ミネイロは走り続け、終了間際に猛然と都築に襲い掛かる。これに対して、痛くもないのに倒れたフリをしていた都築だが、その視界に「満足そうにどや顔を見せるミネイロ」が入った瞬間、思わずキレて立ち上がってしまう。その昔、小笠原のいきつけのキャバクラで大暴れし、一銭も払わずに立ち去った知性とは対極に位置するこの男が、その粗暴な一面を見せたその瞬間、主審の右手にイエローカード。とっさに肩が痛いフリをしたが、聞き入れられることはなく、これで都築も第2戦に出られなくなってしまう。そして、終了のホイッスル。



 この日の万博は、知っていた。1人の男のたった11分のプレーが、流れを完全に引き戻したことを。試合後、主将の山口智に説教されながらも、ミネイロは「FWは楽しかったよ!」の一言を残して、万博を後にする。かくして、自身のイエローカードと引き換えに、相馬と都築を出場停止に追い込んだミネイロと共に、ガンバは敵地・埼玉に乗り込んでいく。

 笑劇の第2戦は、10月22日。しかし、ルーカスの復帰で、ミネイロに出場のチャンスがあるかどうかは、定かではないが・・・(笑)

※注意
50%フィクションです。



☆笑劇クリップ!ミネイロ劇場(味スタ編)
※2分20秒ぐらいに、必見動画あり




☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
legend of ガンバ大阪 目次


posted by マルセリーニョ・カリオカ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | legend of ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。