2012年12月17日

ガンバ大阪移籍ニュース(2012-2013シーズン)〜監督編【長谷川健太】

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー

HONEY BEE 5/WX07K


●長谷川健太(フリー→ガンバ大阪?)
経歴
1981年-1983年 静岡県立清水東高等学校
1984年-1987年 筑波大学
1988年-1991年 日産自動車
1991年-1999年 清水エスパルス
2000年-2004年 浜松大学サッカー部監督
2005年-2010年 清水エスパルス監督

HMVジャパン


プロ成績
J1通算 74勝52敗44分

Collaborn


【Check Point】
 元清水エスパルス監督の長谷川健太氏のガンバ大阪監督就任がほぼ決定的となった。清水の指揮官時代は、森岡や西澤といったベテランをばっさりと切り捨て、若手選手を登用。強引な若返り策も含めて育成には定評があるが、問題は采配面。浜松大学時代には、後半の途中で交代選手と交代時間を書いたメモをコーチに渡して帰ったこともあるほどで、采配面に問題があった松波監督と同じ弱点があると言えなくもない。守備に関しては2002年W杯でも一貫して森岡ではなく宮本を推していたことから、DFラインでリーダーシップをとれるクレバーなタイプを好むので、その点では岩下、丹羽、内田を擁するガンバ大阪と相性はいいが、清水時代の堅守は田坂コーチの力も大きかったので、今の崩壊した守備を立て直せるかは不透明。また、清水時代は高さのあるFWを前線に置き、サイドアタックを基本としていたが、これまでガンバのポゼッションサッカーを支えたベテランをほぼ全員残留させる編成面を考えると、攻撃面でミスマッチの感も否めない。今年もサイドアタックを基本とするロペス氏を招聘したものの、チーム編成が全く噛みあわなかっただけに、フロントが本気で監督のサッカーを実現する駒を揃えられるかが鍵となりそうだ。

サイバーリンク公式オンラインストア


【関連記事】
日刊スポーツ 2012.12.16『G大阪、長谷川監督決定 週明け発表へ』
※J2に降格したG大阪の来季監督に、前清水の長谷川健太氏が就任することが15日、事実上決まった。既に交渉は大詰めで最終回答を待つだけの状況だったが、この日までに長谷川氏がG大阪の監督を受諾することを複数の親しい関係者に報告した。週明けにも正式に合意に達し、発表になる見通しだ。長谷川氏はこの日、NHKの解説のため天皇杯・柏−横河武蔵野戦の会場を訪れた。試合後はNHK職員に囲まれるようにして、報道陣の取材には応じることなく無言を貫いた。一方で、G大阪の金森社長は「(正式決定は)もうちょっと、かかりそうだ」と説明したが、既に招聘する上での障害はなくなった模様だ。解説を任せるNHKも公式ホームページなどで、事実上の就任決定を伝えた。G大阪の再建は、若き指揮官に託されることになった。元日本代表FWの長谷川氏は、05年から6シーズン清水を率いた。J1リーグ戦の最高順位は06、07年の4位で、天皇杯は2度準優勝に導いた。岡田武史氏、西野朗氏らに次ぐ日本人の有望監督としても知られ、選手からの信頼も厚いとされる。G大阪の代名詞となる攻撃的サッカーは継続する方針。その上で、1年でのJ1復帰、常勝クラブの復活を託すことになる。
日刊スポーツ 2012.12.16『長谷川健太氏、G大阪監督要請受諾へ』
※一昨年まで清水を率いた長谷川健太氏が、就任要請を受けているG大阪の来季監督を受諾する意向であることが15日、分かった。週明けにもクラブ側と正式に合意に達し、発表される見通し。長谷川氏は元日本代表FWで、05年から6シーズン清水の指揮を執った。天皇杯では2度の準優勝に導いている。今季、リーグ17位でJ2に降格したG大阪の再建は、将来有望な若き指揮官に託されることになった。
スポーツ報知 2012.12.16『元清水監督の長谷川健太氏が新監督就任決定!…G大阪』
※G大阪の来季監督が15日、元清水監督の長谷川健太氏に決定した。長谷川氏はG大阪を含め3つのJクラブから監督就任のオファーを受けていたが、G大阪と合意したことが判明。近日中にクラブから正式発表される。今季G大阪は10年間指揮を執った西野監督に代え、セホーン監督を招へい。しかし開幕5連敗と結果が出ず解任し、3月に松波正信監督が後を継いだが、チームを立て直すことはできず、初のJ2降格が決定。1年でのJ1復帰が至上命令となる来季に向け、クラブ幹部は「今回は監督選びは絶対に失敗できない」と語り、05年から6年間、清水を率いた豊富な経験を持つ長谷川氏の招へいに成功した。今後、清水時代の教え子で他のJ1クラブからも獲得オファーを受けている元日本代表DF岩下敬輔の去就にも、影響を与えそうだ。遠藤や今野ら主力の大部分が残留し、豪華なメンバーでJ2を戦う来季のG大阪。J1復帰へ向け、長谷川氏の手腕にすべてを託す。
デイリースポーツ 2012.12.16『長谷川健太氏、G大阪の監督就任へ』
※前J1清水監督の長谷川健太氏が、来季J2に降格するG大阪から受けている監督就任要請に応じる意向を近い関係者に明かしていることが15日、分かった。G大阪は13日に梶居強化本部長が長谷川氏と交渉。同本部長はこの日、「否定も肯定もしません」と述べるにとどまったが、来週中にも正式契約を結ぶ可能性がある。長谷川氏は05年から6シーズン清水の監督を務め、06、07年にはリーグ戦で4位。05、10年の天皇杯、08年のナビスコ杯でも準優勝に導いた。
日刊スポーツ 2012.12.15『G大阪健太新監督、来週中にも正式発表へ』
※ガンバ大阪が、来季監督の最有力候補に挙げている長谷川健太氏と極秘交渉を行ったことが14日、分かった。前日13日にクラブ幹部と長谷川氏が、初の直接会談。最終的な条件面などを提示した模様だ。複数の関係者によれば、2〜3年の大型契約になる見通し。後は、長谷川氏側の最終回答を待つだけの状況になった。順調なら近日中に合意に達する見通しで、来週中にも正式発表になる。クラブ幹部は「(交渉の)進展はしている。直接話をすることができましたから」と手応えをつかんだ様子だった。一方で「(正式に)決まってはいません。間違いなく、いろいろなところから、声がかかっているでしょうから」と正式契約を結ぶまで慎重な姿勢は崩していないが、G大阪に近い関係者によれば、水面下では一貫して長谷川氏との接触を続けてきたという。「長谷川ガンバ」の誕生は、いよいよ秒読み段階に入った。
スポーツ報知 2012.12.15『元清水監督・長谷川健太氏に来季監督就任要請!…G大阪』
※J2に降格したG大阪が、元清水監督の長谷川健太氏に来季監督就任を要請したことが14日、分かった。13日にG大阪の梶居強化本部長が長谷川氏と会談し、条件面などを提示。同強化部長は「あとは連絡を待ちたい」と語っており、早ければ来週中にも長谷川新監督が誕生する見込みだ。G大阪は、清水を2005年から6年間指揮し、MF藤本=現名古屋=ら若手を育て06、07年には4位と優勝争いにも加わった長谷川氏の手腕を高く評価。数年前から監督候補にリストアップしていた。今回も複数の候補者の中で当初から最有力候補に挙げ、シーズン終了後に正式オファーを送っていた。かねてからJ1で優勝争いをできるクラブを率いたいという希望を持っていた長谷川氏だが、遠藤や今野を始め、主力の大部分が残留するG大阪なら、J2でもオファーを受ける可能性は高いと見られる。あとは長谷川氏の決断が待たれる。
◆長谷川健太
1965年9月25日、静岡・清水(現静岡)市生まれ。47歳。清水東高から筑波大を経て、88年に日産自動車に入社。Jリーグでは清水でFWとしてゴールを量産。99年に引退。浜松大の監督に就任し、05年から10年までは古巣・清水で監督を務めた。11年からスポーツ報知評論家。J1通算207試合45得点。代表通算27試合出場4得点。
日刊スポーツ 2012.12.14『【G大阪】長谷川健太氏に監督就任要請』
※来季をJ2で迎えるG大阪が前清水監督の長谷川健太氏に監督就任を正式要請していたことが14日、分かった。13日に梶居勝志強化本部長が長谷川氏と交渉し、条件を提示。クラブ幹部は「他クラブからもオファーを受けている方」と慎重だが、同氏がJ2での指揮を受け入れることは確認済みで合意への障害は少ないと見られる。早ければ来週中にも正式契約を結ぶ可能性がある。G大阪は今季、3月に解任したセホーン監督に代わり松波監督がコーチから昇格したが立て直せず、17位で初のJ2降格が決まった。来季監督には松波監督の続投や前大宮監督の鈴木淳氏らも候補に挙げてきたが、攻撃サッカーの継承と1年でのJ1復帰を目標に、実績のある長谷川氏に一本化した。元日本代表FWの長谷川氏は、清水を2005年から6シーズン指揮し06、07年の4位が最高だった。天皇杯全日本選手権では2度の準優勝に導いている。
デイリースポーツ 2012.12.15『町田に負ければ松波監督の続投消滅』
※またこの日、監督候補者の一人と既に交渉したことを明かし、「進展は間違いなくある」と述べた。G大阪の来季監督をめぐっては、サッカー解説者の長谷川健太氏ら候補者が4人に絞られている。
デイリースポーツ 2012.12.13『G大阪近日中にも来季監督候補と交渉』
※J2に降格したG大阪が、近日中にも来季の監督候補と交渉に入ることが12日、分かった。監督候補は現在、サッカー解説者の長谷川健太氏(47)ら4人に絞られており、松波正信現監督(38)も含まれている。梶居強化本部長はこの日、就任要請について「情報収集はしているが、正式なオファーはまだ出していない。1人に絞ってから」としながらも、「頭の中では優先順位はある」と話し、近く候補者を一本化して交渉に入るつもりだ。監督選びが今季低迷の要因となっただけに、同本部長は「今回は失敗しないようにしっかりやりたい」と慎重を期す。G大阪は15日に天皇杯4回戦・町田戦(万博)を控えており、新監督発表は天皇杯終了後になる見込みだ。
日刊スポーツ 2012.12.10『長谷川監督誕生へ G大阪複数年提示』
※J2に降格したガンバ大阪が、来季監督の最有力候補に挙げている長谷川健太氏に複数年契約を提示する方針であることが9日、分かった。ガンバ大阪に近い関係者によれば、既に長谷川氏側に打診済みで、近日中に金銭面など細部の詰めの交渉に入る。契約年数は2〜3年になる見通し。クラブ側はJ2降格により、長谷川氏が就任に難色を示すことを不安視。J1復帰後も指揮を任せることを確約するため、複数年契約を提示することで、交渉をスムーズに進めていく考えのようだ。長谷川氏も現場復帰に前向きだといい、早ければ今週中にも仮契約を交わす可能性が出てきた。順調なら天皇杯終了後に、正式発表になる方向だ。
日刊スポーツ 2012.12.8『G大阪、長谷川氏との監督交渉を確認』
※7日に幹部が会議を開き、来季新監督の最有力候補に挙がっている長谷川健太氏と交渉に入ることを確認した。梶居強化本部長は「日本人の指導者でやる。経験と指導歴があり、うちのスタイルを継承できる監督」と説明。
スポニチ 2012.12.8『G大阪・金森社長が引責辞任 監督候補は4人、長谷川健太氏も』
※この日、幹部が会議を開き来季の監督候補を松波監督を含む4人に絞り込んだ。梶居本部長は「候補は全員日本人。ガンバのスタイルを継承しつつ守備を改善できる人で指導歴があること」と説明した。前清水監督の長谷川健太氏も候補とみられる。
日刊スポーツ 2012.12.7『G大阪が長谷川氏との監督交渉を本格化』
※来季監督の最有力候補に挙がっている長谷川健太氏との交渉が本格化する。梶居勝志強化本部長が6日、7日に金森社長ら取締役に新監督候補を報告する。梶居強化本部長は「社長に候補者を提案することになる」と説明。取締役の承認を得た上で、正式に交渉の席に着く。
日刊スポーツ 2012.12.3『G大阪、年内にも長谷川新監督誕生へ』
※G大阪の来季監督の最有力候補に挙がっている長谷川健太氏が、年内にも就任が正式決定する見通しであることが分かった。J2降格決定から一夜明けた2日、クラブ首脳が緊急会談。梶居勝志強化本部長が、長谷川氏が新監督候補であることを初めて認めた。既に招聘(しょうへい)に向け、コーチ陣や補強など来季編成に着手。交渉次第で年内に「長谷川ガンバ」が誕生する。既に一昨年まで清水を率いた長谷川氏が後任監督の最有力候補に挙がっていることが判明していたが、梶居強化本部長は「リストに挙げているのは確かです」と初めて認めた。近日中に本格交渉に入る予定で、長谷川氏招聘に向けたコーチ陣などの組閣や、選手の補強などに着手している。J2降格したことで、長谷川氏側が就任に難色を示し、交渉が難しくなることも想定。同強化本部長は「今度は失敗は許されない。相手もいることですが(年内には)決めたいです」と明かした。
サンケイスポーツ 2012.12.3『G大阪、松波監督“ナマ殺し”解雇通告まだ』
※クラブ側は元J1清水監督の長谷川健太氏を軸とした来季監督構想を練っている。松波監督と会談した梶居強化本部長は「よく(シーズン)後半盛り返してくれた」と一定の評価はしながらも、続投に関しては「まだ決まっていないから伝えられない」とした。
デイリースポーツ 2012.12.3『G大阪松波監督「コーチに戻ることない」』
※梶居強化本部長は後任候補とみられるサッカー解説者の長谷川健太氏については「リストに挙がっているけれど、具体的には動いていない」と、監督就任要請には明言を避けた。次期監督問題には「年内にも結論を出したい」と梶居本部長。
デイリースポーツ 2012.12.2『G大阪、長谷川健太氏に監督就任要請へ』
※金森社長と梶居強化本部長はともに次期監督について「白紙」としたが、関係者の話を総合すると、クラブはシーズン中にリストアップを済ませており、サッカー解説者の長谷川健太氏に正式に監督要請を行うと見られる。
日刊スポーツ 2012.12.2『G大阪、長谷川健太氏と本格交渉へ/J1』
※クラブ側は来季監督に一昨年まで清水を率いた長谷川健太氏を有力候補に挙げており、今後、本格交渉に入る。
日刊スポーツ 2012.11.25『G大阪来季監督は長谷川健太氏が有力』
※J1残留へ絶体絶命の危機に陥ったG大阪が、再建に向け、一昨年まで清水を率いた長谷川健太氏を来季の監督候補に挙げていることが24日、分かった。複数のJリーグ関係者が明かした。既に水面下で長谷川氏側に打診を済ませており、12月1日の最終節磐田戦後にも本格交渉に入る見通しだ。チームは今季、ブラジル人のセホーン監督と、元日本代表FWの呂比須ヘッドコーチの二頭体制でスタートし、低迷するきっかけを作った。失敗を踏まえ、来季は実績のある日本人監督を招く方針。長谷川氏は以前から監督候補者リストに入っており、調査を進めてきた結果、有力候補として白羽の矢が立った。



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪『コラムG』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバ大阪VS FC町田ゼルビア〜迷走するガンバを象徴する3バック採用!

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログ特集ページ!お好きな特集をクリックしてください☆

ガンバ大阪チケット@チケットぴあ
ガンバ大阪全試合中継@スカパー



【2012/12/15(土)】ガンバ大阪3-2FC町田ゼルビア【2012天皇杯-4回戦@万博記念陸上競技場】
◆13:00 kick off
◆入場者数:4,576人
◆天候:晴
◆主審:山本雄大
◆副審:山際将史/穴井千雅



【得点】
28分:MF 19 北井佑季
39分:MF 14 倉田秋
57分:FW 17 鈴木崇文
66分:DF 13 岩下敬輔
81分:MF 7 遠藤保仁



【警告】
26分:DF 2 中澤聡太
33分:DF 27 加藤恒平
62分:FW 25 平本一樹
77分:FW 7 勝又慶典
77分:MF 14 倉田秋

アルバイト/バイト求人情報のSagooo 仕事応募プロモーション


【退場】
なし



【ガンバ大阪】
監督 松波正信
GK 22 武田洋平
DF 2 中澤聡太
DF 4 藤春廣輝
DF 13 岩下敬輔
DF 15 今野泰幸
DF 21 加地亮
MF 7 遠藤保仁
MF 8 佐々木勇人(61分:MF 25 阿部浩之)
MF 14 倉田秋(81分:MF 41 家長昭博)
MF 17 明神智和
FW 9 レアンドロ(87分:MF 23 武井択也)

明治製菓


【FC町田ゼルビア】
監督 秋田豊
GK 1 修行智仁
DF 5 田代真一
DF 29 イ・ガンジン
DF 27 加藤恒平(67分:DF 2 津田和樹)
MF 18 三鬼海
MF 16 庄司悦大
MF 6 太田康介
MF 19 北井佑季
FW 17 鈴木崇文
FW 25 平本一樹(81分:MF 15 柳崎祥兵)
FW 20 鈴木孝司(55分:FW 7 勝又慶典)



【試合短評】
 J2降格が決まったガンバ大阪と、JFL降格が決まったFC町田ゼルビアの対戦となった天皇杯。町田は秋田新監督の下、激しいプレッシングからカウンターを狙う戦術を徹底。これに対してガンバが採用した付け焼刃の3バックは機能せず、パスの出しどころがなかった最終ラインのボールロストから奪われたPKで、先制点を許す。その後は今野がボランチに上がって4バックの形に戻し、徐々にボール運びが改善し、倉田の同点ゴールを奪取。後半に入ると、急造のボランチが捕まえ切れなかった鈴木の強烈ミドルが決まりビハインドを背負う展開となったが、CKから阿部が放ったシュートを岩下が押し込み同点においつき、遠藤のFKで突き放した。結局このまま試合は終了し4回戦突破に成功したが、守り方ではなく最終ラインの数に拘る3バック採用で大苦戦。守備のポイントがずれている松波体制の今季限りを漂わせる試合となった。




【関連記事】
日刊スポーツ 2013.1.3『G大阪準V 最後まで笑えず/天皇杯』
スポーツ報知 2013.1.3『遠藤「前半完璧」試合支配も1点に泣く…G大阪』
スポーツ報知 2013.1.3『柏、37大会ぶりV!渡部が千金ヘッド!…天皇杯』


日刊スポーツ 2013.1.2『G大阪3年ぶり優勝逃す/天皇杯』


日刊スポーツ 2013.1.1『G大阪松波監督ラスト采配飾れず/天皇杯』
日刊スポーツ 2013.1.1『G大阪DF今野、股間を縫うけが/天皇杯』
日刊スポーツ 2013.1.1『G大阪遠藤、4戦連発はならず/天皇杯』
日刊スポーツ 2013.1.1『【G大阪】松波監督退任、ガンバサダーに』
日刊スポーツ 2013.1.1『天皇杯決勝 柏1−0G大阪/試合詳細』
日刊スポーツ 2013.1.1『柏、37大会ぶり日本一/天皇杯』
日刊スポーツ 2013.1.1『柏監督「覚悟と決意で臨んだ結果」/天皇杯』
日刊スポーツ 2013.1.1『澤、天皇杯前に20年東京五輪招致をPR』

日刊スポーツ 2013.1.1『G大阪松波監督、有終Vへ闘志』
日刊スポーツ 2013.1.1『腰痛のG大阪中沢、痛み止めも出場微妙』
日刊スポーツ 2013.1.1『G大阪遠藤「元日弾」再びでACLだ』
日刊スポーツ 2013.1.1『柏DF那須「攻めて」先輩遠藤封じる!』
スポーツ報知 2013.1.1『遠藤が宣言!松波監督に意地の天皇杯V贈る…G大阪』
デイリースポーツ 2013.1.1『松波ガンバ有終飾るぞ!天皇杯元日決戦』

日刊スポーツ 2012.12.31『【G大阪】チャンピオンになるんだ!』
日刊スポーツ 2012.12.31『天皇杯決勝は「レアンドロ」対決』
日刊スポーツ 2012.12.31『【柏】ネルシ監督「最後まで戦いきる」』


スポーツ 2012.12.30『【柏】レアンドロ「勝利で終わる」』
日刊スポーツ 2012.12.30『柏工藤独り舞台も…決勝出場停止/天皇杯』


日刊スポーツ 2012.12.30『遠藤王手弾!クロスが入った!/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.30『松波監督去り際格好いい方がいい/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.30『G大阪ACL出場ならJ2日程変更』
日刊スポーツ 2012.12.30『鹿島ジョルジ監督有終ならず/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.30『ジョルジ監督、完封で幕/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.30『鹿島興梠→浦和、新井場→C大阪へ移籍』
スポーツ報知 2012.12.30『遠藤3戦連発“はにかみ弾”J2降格チーム初の頂点へ…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.30『家長、異例の契約1日延長!天皇杯決勝出場OK…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.30『中沢が川崎移籍!J2降格決定後、初の主力流出…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.30『G大阪天皇杯VならJリーグ日程、ACLで配慮』
スポーツ報知 2012.12.30『鹿島終戦、ジョルジーニョ監督「またね」…天皇杯』
デイリースポーツ 2012.12.30『遠藤弾!G大阪J2降格チーム初V王手』
デイリースポーツ 2012.12.30『G大阪ACLならJ2日程調整も』
デイリースポーツ 2012.12.30『G大阪、中沢と明神が決勝出場微妙』


日刊スポーツ 2012.12.29『G大阪が鹿島下し決勝進出/天皇杯詳細』
日刊スポーツ 2012.12.29『G大阪遠藤、決勝点「たまたま」/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.29『G大阪遠藤3戦連発で屈辱の年締めくくる』
日刊スポーツ 2012.12.29『G大阪と柏が元日決勝へ/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.29『鹿島2年ぶり決勝ならず/天皇杯』


日刊スポーツ 2012.12.29『鹿島小笠原が被災地の子にV報告誓う』


日刊スポーツ 2012.12.28『【G大阪】家長、人生初の1トップも!』
日刊スポーツ 2012.12.28『【G大阪】丹羽がサッカーボールを寄贈』
日刊スポーツ 2012.12.28『不動CB今野が2冠/日刊アウォーズ』
日刊スポーツ 2012.12.28『皆勤は水本、藤春のみ/日刊アウォーズ』
日刊スポーツ 2012.12.28『【G大阪】帝京は松井を4打席連続敬遠!』
日刊スポーツ 2012.12.28『【鹿島】大迫連発に自信!元日切符つかむ』


日刊スポーツ 2012.12.26『FW不足G大阪ゼロトップで王手かける!』


日刊スポーツ 2012.12.25『【G大阪】天皇杯へ向け練習、遠藤は無言』
日刊スポーツ 2012.12.25『札幌V四方田監督分析ズバリ/Jユース杯』
日刊スポーツ 2012.12.25『札幌中原、史上初決勝3発/Jユース杯』
スポーツ報知 2012.12.25『コンサU―18、中原ハットで初王者!…Jユースカップ』


日刊スポーツ 2012.12.24『G大阪逆転負けで優勝逃す/Jユース杯』
日刊スポーツ 2012.12.24『札幌悲願の初V 中原ハット/Jユース杯』


日刊スポーツ 2012.12.24『J2からアジア王者へG大阪4強/天皇杯』
スポーツ報知 2012.12.24『大阪ダービー延長戦制し天皇杯4強!ACLへ望み…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.24『大阪ダービー5戦ぶり敗戦、速いパス回しに脱帽…C大阪』
デイリースポーツ 2012.12.24『G大阪4強“ラスト大阪ダービー”制す』



日刊スポーツ 2012.12.23『遠藤1発1A!G大阪が4強/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.23『C大阪柿谷同点弾もG大阪に屈す/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.23『名門復活へG大阪が決勝進出/Jユース杯』
スポーツ報知 2012.12.23『大阪ダービー絶対勝つ!南野発言に中沢怒った…G大阪』
デイリースポーツ 2012.12.23『G大阪“ダービー”へ連日の非公開練習』


日刊スポーツ 2012.12.22『G大阪 ダービーに向け2日連続非公開』
日刊スポーツ 2012.12.22『G大阪ユースが4年ぶり決勝/Jユース杯』
日刊スポーツ 2012.12.22『天皇杯決勝、青山テルマが君が代独唱』
日刊スポーツ 2012.12.22『C大阪枝村 ダービー弾狙う!!』
スポーツ報知 2012.12.22『“大阪ダービー”今野ボランチ起用も…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.22『“大阪ダービー”南野も気合十分!G大阪に引導渡す…C大阪』


日刊スポーツ 2012.12.21『G大阪松波監督ラストダービー「勝つ」』
日刊スポーツ 2012.12.21『【C大阪】両膝負傷の高橋と契約結ばず』
日刊スポーツ 2012.12.21『【C大阪】後藤寛太と契約せず』


日刊スポーツ 2012.12.20『【G大阪】ダービーは今野ボランチで勝負』
日刊スポーツ 2012.12.20『【C大阪】高橋と契約更新せず』


日刊スポーツ 2012.12.19『健太氏、小学校で思わず“所信表明”』
日刊スポーツ 2012.12.19『J1開幕は3・2!来季日程発表』
スポーツ報知 2012.12.19『J2と代表戦10試合重複!遠藤&今野抜きでリーグ戦4分の1戦う…G大阪』
スポーツ報知 2012.12.19『来季J1開幕は3・2…Jリーグ日程発表』


日刊スポーツ 2012.12.18『G大阪健太監督、遠藤&今野抜きで始動も』
日刊スポーツ 2012.12.18『3・2開幕!Jリーグ来季日程を発表』


スポーツ報知 2012.12.17『松波監督の下部組織への配置転換を検討…G大阪』



日刊スポーツ 2012.12.16『G大阪遠藤8強導く決勝FK弾/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.16『町田秋田監督初陣も悔し逆転負け/天皇杯』
スポーツ報知 2012.12.16『遠藤、25メートルFKで命からがら“降格ダービー”制す…G大阪』
デイリースポーツ 2012.12.16『遠藤が救った FK弾!G大阪逆転8強』



日刊スポーツ 2012.12.15『遠藤FKでG大阪2季ぶり8強出/天皇杯』
日刊スポーツ 2012.12.15『秋田町田、G大阪に逆転負け/天皇杯』

COUPON DREAM(クーポン・ドリーム) 夢展望★割引クーポン購入サイト


日刊スポーツ 2012.12.15『パナ、G大阪メーンスポンサー継続』
日刊スポーツ 2012.12.15『秋田監督秘策あり!今日初陣G大阪戦』
スポーツ報知 2012.12.15『佐々木「最後に最高のパフォーマンス」…G大阪』
デイリースポーツ 2012.12.15『G大阪遠藤、天皇杯へ監督問題の影響否定』
デイリースポーツ 2012.12.15『町田に負ければ松波監督の続投消滅』

キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!


日刊スポーツ 2012.12.14『G大阪骨折藤ヶ谷の代役武田 15日町田戦』
日刊スポーツ 2012.12.14『【G大阪】松波監督3バックは「流動的に」』
デイリースポーツ 2012.12.14『G大阪、天皇杯・町田戦へ非公開で練習』



日刊スポーツ 2012.12.13『【G大阪】家長の再レンタルをオファー』
日刊スポーツ 2012.12.13『【G大阪】主力大量流出はない見通し』
日刊スポーツ 2012.12.13『【町田】元日本代表戸田退団「謝りたい」』
スポニチ 2012.12.13『遠藤 3バックに「やってみないと分からない部分も」』
デイリースポーツ 2012.12.13『G大阪、家長のレンタル延長オファー』
デイリースポーツ 2012.12.13『G大阪近日中にも来季監督候補と交渉』



日刊スポーツ 2012.12.12『J秋春制会議 視察兼ねて寒冷地で開催へ』
スポーツ報知 2012.12.12『家長、去就未定!天皇杯決勝出場できない可能性…G大阪』



日刊スポーツ 2012.12.11『降格G大阪サポ50人に監督人選を説明』
日刊スポーツ 2012.12.11『13年度Jリーグ経常収益は約116億円』
スポニチ 2012.12.11『G大阪 サポーターと話し合い、敵地居残りに厳重注意』
スポーツ報知 2012.12.11『監督問題まだ白紙、サポーターと意見交換…G大阪』



スポニチ 2012.12.10『G大阪「来季監督早急に」 全役員とサポーターが話し合い』
産経 2012.12.10『G大阪、居残りサポーターと話し合い』



日刊スポーツ 2012.12.7『【G大阪】藤ケ谷は肋骨骨折』
スポニチ 2012.12.7『J2降格から再出発!G大阪 天皇杯制してACL切符だ』
スポニチ 2012.12.7『G大阪 J2降格でも20億円強化費は維持へ 金森社長が明言』
スポニチ 2012.12.7『GK藤ケ谷 肋骨骨折で全治3〜4週間「天皇杯決勝目指す」』
スポニチ 2012.12.7『蔚山の元G大阪・李根鎬「入隊前にいい思い出をつくりたい」』



日刊スポーツ 2012.12.6『広島は浦項などとG組!ACL1次L』
スポニチ 2012.12.6『G大阪 監督問題見通し「年末までには…」』
スポーツ報知 2012.12.6『金森社長がJ2降格おわび、スポンサー料削減話出ず…G大阪』



産経 2012.12.5『寄付も若手も伸び悩み “四面楚歌”のG大阪』



日刊スポーツ 2012.12.4『遠藤10年連続ベスト11/Jアウォーズ』
スポニチ 2012.12.4『W杯へ向けG大阪が全面協力!遠藤 J2でもA代表優先』
スポーツ報知 2012.12.4『宇佐美、出番なくホッフェンハイム4連敗監督解任!G大阪降格に「ショック」』
産経 2012.12.4『G大阪 掛け違えたボタン 最大の責任はフロントの見通しの甘さ』
スポーツ報知 2012.12.4『G大阪・遠藤10年連続最多10度目ベスト11、降格組で唯一…Jリーグアウォーズ』



日刊スポーツ 2012.12.3『遠藤のみ…ベスト11/Jアウォーズ』
スポニチ 2012.12.3『遠藤 ベストイレブンに驚き「ないと思っていた」J1復帰へ決意』
スポニチ 2012.12.3『千葉・山口 古巣G大阪と来季J2で対戦「夢にも思っていなかった」』



日刊スポーツ 2012.12.2『【G大阪】松波監督天皇杯で最後の意地』
スポニチ 2012.12.2『退任が濃厚のG大阪・松波監督 コーチ復帰は固辞へ』
スポニチ 2012.12.2『今野はG大阪残留、明神も打診に応じる姿勢』
産経 2012.12.2『「なぜこうなった」サポーター涙 ガンバとヴィッセル降格で』
産経 2012.12.2『J2降格のG大阪、今野や明神ら主力が残留の意向』



日刊スポーツ 2012.11.29『町田の秋田新監督、ヘッド特訓で始動』



日刊スポーツ 2012.11.28『秋田新監督1年で昇格できなければクビ』



☆The Magical Football☆ガンバ大阪☆ 目次
ガンバ大阪試合結果 目次
ガンバ大阪試合結果【2012年】続きを読む
posted by マルセリーニョ・カリオカ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。